FLStudioのNativeプラグインをMIDI outで鳴らす方法

FL Studio
スポンサーリンク

ちょっとコメントで質問を貰ったので、記事にしました。

昨日の記事で「reMIDI 2」でハイハットのパターンをMIDI出力して、音源を鳴らす方法をご紹介しました。

質問としてはreMIDI 2のMIDI出力先をFLStudioのNativeプラグインに出来るかどうかという内容でした。

回答を先に書いてしまうと、FPCDrumpadであればPatcherを使う事で可能です。

「Sampler」では出来ないのか?と思われるかもしれませんが、「Patcher」がサポートしていない為、そもそも「Patcher」内に読み込めません。

「Sampler」の他にも「Fruity Granulizer」もサポートされていません。
(読み込むと以下の様なメッセージが表示されて読み込めません)

と言う事で「FPC」を使って「MIDI out」をルーティングする方法を解説していきます。

FLStudioのNativeプラグイン(FPC)をMIDI outで鳴らす方法

 

事前準備

「reMIDI 2」の「Output port」を「0」に設定しておきます。
(番号はルーティング先と同じであれば何番でも問題無いです)

PatcherとFPCの設定

まずPatcherを音源として読み込みます。

「Patcher」の中に「FPC」を読みこみます。

「From FL Studio」の上で右クリックから「Output」->「Event」->「MIDI port 0」をクリックします。

すると「MIDI port 0」が出来ますので、このインプットと「FPC」を接続します。

動画を用意しました。

標準だとMIDIノートのマッピングが異なる(F#3ではない)ので、▼から「Layout」->「default」を選択するとハイハットがF#3になります。

これで鳴るようになりました。

 

もしハイハットの音を自分のサンプルに置き換えたい場合は、一度▼から「Clear pad」をしてからサンプルをドラッグアンドドロップすれば出来ます。
(クリアーせずそのままドラッグアンドドロップするとレイヤーされる)

なお「Clear pad」するとMIDIマッピングの情報も変更します。

まとめ

FLのNativeプラグインも普通にMIDI outやinを割り当てられたら楽なんですけどね。

 

コメント