Voltage Modular DRUM TRIGGER SEQUENCERの使い方

Modular
スポンサーリンク

Voltage Modular DRUM TRIGGER SEQUENCERの使い方

Chillout with Beats の yosi です。

このブログでは今後、最低でも以下の記事を書いていきます。

と言っても大体書き終わりました。

Polyシンセの作り方(済)
SUPER OSCILLATORSUPER LFOの詳しい使い方
DRUM TRIGGER SEQUENCERの詳しい使い方(本記事)
Sampler1の詳しい使い方(済)
Plug-In Hostの詳しい使い方(済)
Formulaの活用例

DRUM TRIGGER SEQUENCERのGoogle翻訳+α

ドラムトリガーシーケンサーは、8つの独立したチャンネルを持つ16ステップのトリガー/ゲートシーケンサーです。バンクに最大32個のパターンを保存できます。また、パターンを完全な曲にチェーンするためのソングモードも含まれています。基本的には、完全なスタンドアロンドラムマシンからサウンドを削除したものです。また、行ごとのステップアクセント、調整可能なスイング、パターン/曲の読み込みと保存など、非常に便利な機能も含まれています。そして、使い慣れたビンテージドラムマシンに似ていますが、使いやすいです。まず、左下からコントロールを見ていきます。

Rows A-H Step On/Off Buttons– これらを使用して、ステップのオンとオフを切り替えます。ステップを有効にすると、「ゲートの長さ」ノブの設定に対応する時間で+ 5Vゲートが行の出力ジャックに送信されます。ボタンをクリックして隣接するボタン間でマウスをドラッグすると、複数の隣接するステップボタンをオンまたはオフにできます-これは、16分音符のハイハットパターンをすばやく作成するのに特に便利です空白のパネル領域ではありません)

Gate Length– 有効なステップの+ 5Vゲート信号の長さを1msから250msに設定します。 「ゲートの長さ」とテンポの設定によっては、ゲートが次のステップに延長するのに十分な長さになる場合があります。複数の隣接するステップが有効になっていて、ドラムヒットの一部が聞こえない場合は、Gate Lengthノブの設定が高すぎないことを確認してください-Drum Trigger SequencerとMisfit Audioドラムモジュールを使用している場合、Gateいずれにせよ、長さの設定はサウンドに影響しないため、短い「ゲート長」設定を使用します。ただし、ドラムトリガーシーケンサーを使用してVCAまたはmod入力をトリガーする場合、「Gate Length」コントロールはノートまたはmodのデュレーションを定義するのに非常に役立ち、「オーバーラップ」ステップを使用して長いノート値を作成できます。

Gate A-H Output Jacks– 各列の「通常の」CV出力ジャック。

Gate A-H Accent Output Jacks and Enable Buttons – 各行には個別のアクセント出力が含まれます。これらはデフォルトでは無効になっていますが、「Acc」ボタンをクリックすると、行のアクセントモードが有効になります。有効にすると、行のステップボタンはクリックすると3つの位置を循環します-オフ(照明なし/ゲートアウトなし)、オン(中間照明/ゲートアウトから「通常」出力ジャック)、またはアクセント(明るい照明/ゲートアウトAcc)アウトジャック)。

 

A-D / E-H Row Select– 表示されるステップ行は4つだけですが、ドラムトリガーシーケンサーには実際に8つの独立した行があり、現在表示されているセットを切り替える「A-D / E-H行選択」ボタンがあります。ステップボタンの背景色がベージュになり、行E〜Hがパネルの右端のジャックにゲート信号を送信することを示します。ビューの切り替えはアクティブなステップには影響せず、表示されるセットを変更するだけです。

(1つの画面に128個のボタンを詰めるのとは対照的に、これは良い妥協案であると判断しました。さらに、大きな派手なボタンはかっこいいです。)

Stop/Start Buttons and CV Jacks– これらを使用して、+ 5Vパルスまたはゲート電圧で停止および開始ボタンを外部制御します。ドラムトリガーシーケンサーはデフォルトで停止モードに設定されていますが、プレイモードで保存されたパッチはそのまま保存されます。つまり、パッチが選択されるとすぐに再生が開始されます。

Ext Clock In Button and CV Jack– ドラムトリガーシーケンサーには独自の内部クロックがありますが、クロックソースを「クロックイン」ジャックに接続し、「拡張」ボタンを切り替えることで外部クロックを生成できます。

DAWクロックに同期するには、「ドラムトリガーシーケンサーをDAWに同期する」セクションを参照してください。

Play Trigger– これにより、再生モードが開始されると、+ 5Vパルス信号が送信されます。これは、複雑なパッチでプレイを開始するときに、同期されたシーケンサー(または同期されたクロックを持つ他のモジュール)をリセットするのに役立ちます。

Clock Out CV Jack– クロックCVを送信します。 1ステップ= 1クロックパルス。

Pattern CV In Jack– CVを介してパターン番号を選択できます。 32個のパターンは、0〜+ 5Vにマッピングされます。これは、シーケンサーと組み合わせて使用​​したり、実際の楽しみのために、DCモジュールの出力を「パターンCV」ジャックにルーティングし、パフォーマンスコントロールノブを介してハードウェアノブまたはスライダーを「DC量」ノブにマッピングして、リアルタイムパターンを継続的に実現します選択。

Reset In– これにより、+ 5Vのパルス電圧を受け取ると、ドラムトリガーシーケンサーがステップ1にリセットされます。マルチシーケンサーのパッチや、Drum Trigger Sequencerが外部クロックされている場合に役立ちます。 (DAWと同期する場合は、I / Oパネルの[再生]ジャックを[リセットイン]ジャックに差し込み、より一貫した同期を行います。)

Song and Pattern Modes

ドラムトリガーシーケンサーは、古典的なドラムマシンのように、「パターン」モードと「ソング」モードの2つのモードで動作します。デフォルトの「パターン」モードでは、現在選択されているパターンを繰り返しループします。 「Song」モードが選択されている場合、左側のLED番号ディスプレイは曲のステップ番号インジケーターになります。ステップごとに、右側のLED番号ディスプレイでパターン番号を選択できます。ソングの最大ステップ数は99です。ステップ行ボタンは、パターンモードまたはソングモード、および停止中または再生中にオン/オフできることに注意してください。

  • Play Mode– 「パターン」モードと「ソング」モードを切り替えます。
  • Number of Steps / Song Step #
    • Pattern Mode– このディスプレイとその上下ボタンは、すべての行のパターンステップの数を1〜16にグローバルに設定します。ステップ数は、パターンごとに個別に設定されます。これにより、さまざまな拍子記号で曲を簡単に作成できます(ラッシュまたはELPにエレクトロトリビュートを行う場合)。現在の[ステップ数]設定を超えたボタンのステップボタンのオン/オフステータスは保持されるため、パターンの長さを試しても既存のパターンが台無しになりません。
    • Song Mode– Drum Trigger Sequencerがソングモードに設定されている場合、ディスプレイとアップ/ダウンボタンはソングステップ#になります。 Drum Trigger Sequencerを停止モードにして、パターン選択LED番号ディスプレイを使用して、各ステップ番号のパターンを選択するだけです。ソングには最大99パターンのステップがあります。

 

  • Pattern Select
    • Pattern Mode– パターンモードのドラムトリガーシーケンサーで、このLED番号ディスプレイとその上下ボタンを使用して、現在のパターンを選択します。
    • Song Mode– パターン選択画面とボタンは、現在選択されている曲のステップ番号で再生されるパターンを選択します。曲の再生中にパターン番号を選択することもできますが、停止モードのドラムトリガーシーケンサーでパターンを選択する方がはるかに簡単です。
  • Song Mode “Stop” and “Loop” Patterns– ソングモードでのみ使用できる2つの特別なタイプのパターンがあります。
    • Stop– パターン番号0を選択すると、ドラムトリガーシーケンサーの再生が停止します- これは曲の終わりを対象としています.
    • Loop– パターン0の1つ下の矢印をクリックすると、「ループ」の略であるLPが選択されます。これにより、曲全体が無限にループします(ジャムは非常に邪悪なので、誰もが永遠に聞きたいと思います。)

About song and pattern memory: Drum Trigger Sequencerモジュールのインスタンスは、開いている限り、32のパターンすべてとすべてのソングステップデータを記憶します。プリセットに保存すると、このパターンと曲のデータも保存されます。新しいドラムトリガーシーケンサーインスタンスを開くと、既存の曲とパターンデータは保持されません。パターンまたは曲のデータを含むインスタンスが開いており、追加のインスタンスが開かれている場合、新しく開かれたインスタンスは空白になりますが、「バンクの保存」および「バンクの読み込み」メニューボタンを使用して、パターンと曲を保存、開き、転送できます。 (バンクの保存と読み込みの詳細については、以下をご覧ください。)

Tempo– このハンサムなノブは、30〜240 BPMのテンポを調整します。これは誰でも必要とするすべてのテンポ範囲をカバーするはずですが、本当に必要なものが必要な場合(または別のクロックソースに完全にロックしたい場合)はいつでもドラムトリガーシーケンサーを外部クロックできます。点滅するLEDは、4分音符の視覚的なテンポ表示を示します。

Swing– 「シャッフル」とも呼ばれるSwingは、16分音符を1音おきに遅らせることでビートの感触を調整します。もともとブルースとジャズで聴かれていたスイングは、最近ではハウスミュージックや「New Jack Swing」(ボビーブラウン、ベルビブデヴォー、ドレープに似たズボンを着た他の人たちによって80年代後半に人気になった)で聞かれました。その効果を聞く最も簡単な方法は、ハイハットモジュールをセットアップし、それをトリガーする行の16ステップすべてを有効にし、スイングノブを上げることです。 「スイング」設定はグローバルです。つまり、すべてのパターンに同時に影響します。 Swing settingはプリセットと保存されたバンクとともに保存されます。

Storing and Loading Song/Pattern Banks

Drum Trigger Sequencerは、パターンと曲のバンクを保存およびロードできます。バンクファイルにはa .dtsbank拡張子が付きます。バンクに保管されるものは次のとおりです。

  • 32 patterns (行のアクセントとアクセントモードステータスを含む)
  • 一曲
  • テンポ設定
  • 振り量設定

上記のデータはすべて保存されたパッチとともに保存されるため、バンクのロード/保存機能を使用する必要はありませんが、新しい曲やパターンを既存のパッチ設定に読み込んだり、曲を取引したりするような特定の状況では役立ちます他のVoltage Modularユーザーとのパターン、またはファイルを別のコンピューターに転送します(バンクのファイルサイズは非常に小さいです)。

Load Bank– これを使用して、コンピューターのハードドライブから既存のバンクファイルを開きます。

Save Bank– これを使用して、バンクファイルをコンピューターに保存します。

Copy Pattern– これをクリックして、他のパターンの場所にパターンをコピーするためのポップアップメニューを開きます。これは、パターンのバリエーションを作成するのに便利です。コピー時にソースパターンは影響を受けません。

Pro Tip– 「パターンのコピー」機能を使用して、パターン位置番号をすばやく消去できます。 [パターン選択]上矢印をクリックして空のパターンを選択し、[パターンのコピー]を使用して空のパターンをクリアしたい場所にコピーします。

Copy Row– クリックして、ボタンの行を他の行にコピーします。 [A-D]ページから[E-H]ページにパターン行をコピーするのに特に便利です(別のページにボタン行が表示されないため)。

Syncing The Drum Trigger Sequencer To A DAW

ドラムトリガーシーケンサーをDAW環境内のプラグイン仮想インストゥルメントとして実行している場合、おそらく曲プロジェクトのマスタークロックに同期する必要があります。これが、VoltageのSync Dividerモジュールの使用目的です。

Sync vs. Clock Voltages, A Primer– 同期信号は、テンポに応じてレートが変化するだけの高速の一定パルス(具体的には、96パルス= 4分音符)です。 VoltageがDAWソフトウェアで仮想インストゥルメントとして使用される場合、同期信号は常にIO Panel Syncジャックから出力されます-DAWの再生および停止コマンドで開始および停止せず、開始位置と終了位置がわからないバーとノートがあります。これをドラムトリガーシーケンサーの同期インに直接ルーティングすることもできますが、マスターテンポの1/96分音符の超高速分割で実行されます。設計上、同期信号は音楽的に有用なクロック信号に細分化されることを意図しています。

クロック信号は音楽的に関連する音価に相当する+ 5Vパルスです。単一の同期パルスは、ステップインクリメントを受け入れるモジュールの1つのシーケンサーステップに相当します。上記のSync Dividerモジュールを見ると、同期信号とクロック信号の関係が明確になっているはずです。高速の「マスタークロック」同期信号はSync Inジャックにルーティングされ、ノート値はロータリーノブとトリプレット/ドットボタンで選択され、クロックジャックでは、選択したレートでより遅いクロック信号が出力されます。これは、ドラムトリガーシーケンサーの外部クロック入力ジャックにルーティングするものです(Extボタンを有効にすることを忘れないでください)。

Drum TemplatesフォルダーのDrum Trigger Sequencer DAW Sync Templateパッチを確認して、同期信号とクロック信号の関係をよりよく理解してください。

DAW Sync Patch Setup

上の画像は、パッチの外観を示しています。オレンジ色のケーブルは、IO Panel Sync信号をSync Dividerの「Sync In」にルーティングします。 「ノート値」ノブは16分音符に設定されています(これは好きなように設定できます)。クロック出力は、ドラムトリガーシーケンサーの「クロック入力」にルーティングされ、「拡張」クロックモードが有効になっています。 IOパネルの「再生」および「停止」出力をそれぞれドラムトリガーシーケンサーの「開始」および「停止」入力にルーティングすることもできます。これにより、Drum Trigger Sequencerの開始および停止コントロールがDAWのトランスポートコントロールとロックされます。

この時点で、Drum Trigger SequencerはホストDAWで開始および停止し、正しいテンポで再生しますが、ビートのタイミングは正しいビートから「シフト」される可能性があります。これは、同期信号がダムだからです。つまり、彼らは1/96分音符の「グリッド」のどこに小節と音符が入るべきかを知りません。これがSync Divider Reset CVインジャックの目的です。パッチ図をよく見ると、2番目のケーブルがIOパネルPlay jackからSync DividerのReset CV inにルーティングされています。DAWプレイが有効になると、Sync Dividerは選択されたノート値の再生を開始します瞬時に、クロックCVがホストDAWと完全に同期して出力されます(そして誰もが幸せに暮らします)。

高度なトリックとアプリケーション

アクセントトリガーアウトの優れた用途-これは、ユーザーがMisfit Audioドラムモジュールのアクセント入力をトリガーできるようにするために含まれていますが、任意のトリガーまたはゲートCV入力にルーティングできます。

  • ハイハットの開閉-アクセントジャックは、2列を使用せずにハイハットの開閉パターンを作成する便利な方法です。通常は、通常のトリガーを閉じたハイハットトリガーインにルーティングし、アクセントを開いたハットにルーティングします(逆にできない理由はありません)。
  • 時々開いている帽子で16分音符のハイハットパターンをすばやく作成するには、その行でAccモードを有効にし、ステップボタンをクリックし、行全体をドラッグしてすべての「通常の」ステップをオンにし、ステップを個別にクリックします「オープンハットがヒットしたいです。
  • マルチピッチトム、コンガなど-上記のハイハットの例のように、異なるピッチの同じ打楽器を2つ使用するときはいつでも、アクセントアウトを使用して行を節約できます(必要ない場合)両方が同じビートでヒットします)。これは、タムやコンガなど、複数で一般的に使用される楽器には簡単ですが、ピッチノブを備えたパーカッション楽器でも可能です。

Slaving Multiple Drum Trigger Sequencers– 8つのトリガーチャンネルでは不十分な場合(70年代のテレビ番組ですか?)、複数のDrum Trigger Sequencerを一緒にスレーブ化できます。 1つをマスタークロックとして使用し、その「クロック出力」をスレーブ「クロック入力」にルーティングします(スレーブの「拡張クロック」ボタンを切り替えてください)マスターのPlay Trig outをスレーブのStart CV入力にルーティングして、すべてが同時に開始されるようにすることもできます。

VCA and Filter Control– ここにウサギの穴が狂ってしまう場合があります:ゲートアウトを使用してVCAまたはフィルターを開き(ピッチまたはノイズをリズミカルに許可します)、もちろん、いくつかの本当に遠いリズミカルな「従来の」ドラムモジュールトリガーと組み合わせることができますシーケンス。

Effects Control – 前のVCAとフィルター制御の例に沿って、ゲート出力を使用してエフェクトを制御することもできます。チャンネルにスネアまたはクラップを設定し、そのドライ出力を通常どおりミキサーにルーティングします。音声出力を別のVCAにマルチ化し、VCAの音声をデジタルリバーブや過激なフィードバックの多い遅延などのエフェクトにルーティングします。エフェクトの出力をマスターアウト(またはミキサー入力)にルーティングします。個別のトリガー行CVをVCA CV入力にルーティングして、特定のビートを強調するためにエフェクト信号を「開き」ます。

Sequencing Pitches– 従来のステップシーケンサーとは異なり、ドラムトリガーシーケンサーは、+ 5Vのゲート電圧のみを出力し、ピッチのないパーカッションソースをトリガーします。ただし、5V出力をDCモジュールの出力(0Vより上または下に設定)と組み合わせて変更し、これらの電圧を使用してオシレーターCVにルーティングするときにピッチを調整できます。各入力にルーティングされたDCモジュール出力を使用して、基本的なピッチシーケンサーを作成できます。 (この例については、「フルシーケンス」フォルダーの「フォローザビート」プリセットを確認してください。)

Additive Oscillator Mod – Cherry Audio Additive Oscillatorをインストールした場合(そして素晴らしいので、そうすべきです)、その8つのハーモニック部分レベルは、Drum Trigger Sequencerの8つのチャンネルによって「シーケンス」できます。これは、複雑でクラシックな「コンピューターミュージック」を作成するための非常に楽しく簡単な方法です。

Voltage Modular DRUM TRIGGER SEQUENCERの使い方まとめ

シーケンサー1つでハイハットのクローズとオープン両方いけるとは知らなかったです。

あとGateをFilterに入れるのも面白いですね。

ちょっと興味本位でDeley掛けても面白かったです。

モジュラーやってると頭が柔らかくなりそうですね。

 

コメント