Voltage Modular 8ステップシーケンサを16ステップにする方法

Modular
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Voltage Modular 8ステップシーケンサを16ステップにする方法

Chillout with Beats の yosi です。

Coreを買っても16ステップシーケンサは付いていませんので、こうなったら作ってみましょう。

プリセットを以下からダウンロード出来ますので気になる方は見てみて下さい。

結論からい言うと思っていたよりかなり面倒でした。
(仕組み的には簡単なのですが、モジュールを個別で用意する必要がある)

仕組みは2つ用意した「8 Step Sequencer」を「DRUM TRIGGER SEQUENCER」を使ってパターンで切り替えればいいだけです。

文章だと判り辛いので、動画を用意しました。

8ステップを2つで16ステップにする仕組み

使うモジュールは以下の通りです。

・OSCILLATOR *2
・Filter *2
・ENVELOPE GENERATOR *2
・AMPLIFIER*2
・8 Step Sequencer
・DRUM TRIGGER SEQUENCER

ポイントは「DRUM TRIGGER SEQUENCER」を半分の8ステップにして、パターンを切り替える点です。この時「Pattern Select」で最後を「LP」とすることでループしてくれます。

「Pattern Select」を「0」にすると止まります。

動画を用意しました。

パターン1はROW1を8つ全てONにし、パターン2でROW2を8つ全てONにします。

あとは普通のシンセとシーケンサの作り方と同じです。

シーケンサについては以下の記事を参考にして下さい。

一応全体像を載せときます。

 

パッチは公開します。

Voltage Modular 8ステップシーケンサを16ステップにする方法まとめ

正直もっと簡単に出来るともっていたのですが、結構手間取りました。

最初は1つのOSCILLATORでやろうとしたのですが、全然上手くいかず、仕方なく2つ使う方法に切り替えました。

1つでやろうとするとPitchが出ていなくてもGateが出ると音が鳴ってしまうんです。

まだポリフォニックの仕組みをしっかり理解出来ていないのでリサーチしてまた記事にします。

 

コメント