Doepfer A-108 VCF8の解説(Softube Modular)

モジュラー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Doepfer A-108 VCF8の解説(Softube Modular)

Chillout with Beats の yosi です。

Softube Modularのレビューも書いていますので、気になる方はこちらも是非どうぞ

Doepfer A-108 VCF8はSoftube Modularに標準搭載されているモジュールです。

実機情報

実機の情報も少し入れてみようと思います。(自分のメモ含め)

 

定価

Price: Euro 160.00

新品価格

Five G

中古価格

理由が判らないのですが、殆ど中古が出回っていません。
(私が調べて時点では唯一Reverb.comで中古がありました)

ヤフオクでDoepfer A-108 VCF8を探す

メルカリでDoepfer A-108 VCF8を探す

ReverbでDoepfer A-108 VCF8を探す

Doepfer A-110 VCOマニュアルのGoolge翻訳+α

概要

よく知られているものに基づいた電圧制御フィルター
トランジスタラダーフィルター(「ムーグ」ラダー)が
独自の外部フィードバックパス。

パラメーター

Frequ: フィルターの周波数を遮断します。

CV2: CV2の量。CV2ジャックの着信信号をスケーリングします。

CV3: CV3の量、CV3ジャックの着信信号をスケーリングします。

Audio Level: オーディオ入力ジャックの着信音量。

Emph: 強調、これはフィルターのフィードバック量を制御します。共振またはQとも呼ばれます。

インプット

CV1: カットオフ周波数のCV制御、フルレンジ1v /オクターブ。フィルターでキーボードを完全にトラッキングする場合は、ノートCVをMIDIからCVコンバーターモジュールにこのジャックに接続します。

CV2: カットオフ周波数のCVコントロール。このジャックは、この入力からの信号の量を調整するCV2ノブに接続されています。

CV3: カットオフ周波数のCVコントロール。このジャックは、この入力からの信号の量をスケーリングするCV3ノブに接続されています。

カットオフ周波数を制御する複数のCVを持つことができ、異なるCV入力がモジュール内で一緒に追加されます。

Audio In: ここでフィルタリングする信号を挿入します。このジャックには、着信信号の音量を設定するオーディオレベルノブが接続されています。

Feedb: このジャックは、Emphasisノブを介して48 dB出力からの内部フィードバックパスを分割します。これにより、さまざまなモジュールをフィードバックループに挿入できます。たとえば、VCAを挿入すると、電圧制御共振が有効になります。これにより、48dB LP以外のフィルター出力をフィードバックして、別の共振動作を得ることができます。

アウトプット

BP これはフィルターのバンドパス出力です。つまり、オーディオを中心にのみ通過させます。
設定されたカットオフ周波数付近。強調は、通過帯域の幅を設定します。

48dB LP: これは、オクターブローパスフィルター出力あたり48dBで、フィルターの最も急なロールオフです。

24dB LP: これは、オクターブローパスフィルター出力あたり24dBであり、しばしば「太い」アメリカのシンセサイザーサウンドに関連しています。

12dB LP:これは、オクターブローパスフィルター出力あたり12dBです。

6dB LP: これはオクターブあたり6dBのローパスフィルター出力で、フィルターのサウンドに非常に穏やかな影響を与えるフィルターの最も急峻なロールオフです。

普通dBの数字が上がるとカットする角度が垂直に近くなり、レゾナンスを上げた時の変化が強いと思うのですが、Doepfer A-108ではdBの数字が小さい方がレゾナンスの変化が強くなります。

オフィシャルの画像を使わせて頂きます。

緑が6dBで黄色が48dBですが、一番下のレゾナンスが高めの設定時、黄色が一番レゾナンスの上昇量が小さいです。それに対して緑がBandPassを除くと一番盛り上がっています。

各フィルター聴き比べ

BandPass以外4種の聴き比べです。

 

6dBだけですが、ADSRとの組み合わせでかなり良い音します。

Voltage ModularやVCV RACKでは出なかった音です。

 

Doepfer A-108 VCF8の解説まとめ

これもエフェクトとして用意しておけばフィルターのレパートリーが増えます。

強力かつなめらかなフィルターですので、CPU負荷さえ気にしなければ使い処は満載かと思います。

 

コメント