【無料】ToyboxのReaktor Block用モジュールModulation Laneの使い方2

Modular
スポンサーリンク

【無料】ToyboxのReaktor Block用モジュールModulation Laneの使い方2

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

管理人 yosi です。

前回の続きで「Modulation Lane」の使い方です。

前回の記事はこちらからどうぞ

この記事は以下の内容でお送りします。

・シーケンサーとして使う
・FMもモジュレーションソースとして使う
 

シーケンサーとして使う

これはスケールとか音程は割と無視する形です。

ですから使う用途はテクノの様なタイプに限られますが、結構カッコいいです。

使い方は至って簡単です。

通常であれば「Note In」の「Pitch」を繋げる所ですが、「Modulation Lane」の「Out」を「OSC」の「Pitch」につなげます。

一応画像ものっけて置きます。
(エフェクトとしてReverbを追加してます)

あとは適当に直線や斜線を引いてみて下さい。

ただしメモリとピッチは一致しません。

ですから、音階的な考えは捨てる必要があります。

長さを調節するは歯車アイコンをクリックすると表示される「SIZE」を変更とループ範囲を変更すると出来ます。

一応GIF動画を用意しました。

FMもモジュレーションソースとして使う

FMに入れても面白いですね。

FMは周波数変調なので、どこでやっても良いのですが、今回はFilterでやってみました。

 

FM変調なので、BPM同期させても良いですし、させずにスピードマックスにすると鋭い音になります。

これまたやり方は簡単で「Modulation Lane」の「Out」を「Filter」の「FM」に接続するだけです。

BPM同期を外す場合は、以下の赤枠のボタンを消灯させればOKです。

【無料】ToyboxのReaktor Block用モジュールModulation Laneの使い方2まとめ

いや~面白いですね、これでPitchも上手くコントロール出来れば言う事無しですが、出来ないというのも良いかもしれません。

別に音階から外れた音が鳴っても不快でなければOKでしょう。

一旦「Modulation Lane」のネタはここまでです。

コメント

Translate »