【49ドル 6/1まで】Moog本家のBass音源Marianaがセール開催中

2023 12 07 13h04 29 セール
スポンサーリンク

セール情報

ついに本家からWinでも使えるMoog音源がリリースです。

いままでMacやiPhoneで使える音源はリリースされていたましたが、やっとWinでも使える日が来ました。

そして満を持してリリースされただけあり、音のへの強い拘りを感じるプラグインです。

Moog Marianaは既存音源のエミュではなく、Minimoog, Model D, Minitaurを基に新たに生み出されたベース音源です。

 

音デモ

Marianaは音がかなり太く最高なのですが、注意点はCPU負荷が非常に高いです。

Divaを遥かに超えといえば分かり易いでしょうか。

Serumの比ににならないレベルで高いです。

購入は面倒でもデモ版を試してからが良いです。

単音発音にもかかわらずAMD Ryzen 5 5600GでFLのパフォーマンスモニタが30%を余裕で超えます。

DivaのBassカテゴリのプリセットで一番負荷が高かったのが26%程度だったのですが、Marianaは40%を超えのプリセットが多数存在しました。

2023 12 07 22h58 00

ただ高負荷という代償を払う代わりに得られる図太いBassサウンドは魅力的です。

プリセットは201搭載されています。

 

セール会場

 

概要

Marianaは、現代の制作環境のために設計され、ローエンドのトーンと重さを最も深くまで到達させることができる、ムーグ・ミュージックの最先端ソフトウェア・ベース・シンセサイザーです。Moogは、代表的なMinimoog Model DからTaurus Bass Pedals、Sub Phatty、Minitaurに至るまで、エレクトロニック・ベースにおけるパイオニアであり続けてきました。Marianaはこの伝統を受け継ぎ、macOSとWindowsに対応した革新的なソフトウェア・シンセサイザーです。ミックスに完璧に収まるダイナミックなベース・サウンドのために最適化されたMarianaは、あらゆるジャンルとワークフローに対応するアーティストやミュージシャンのための万能ツールです。

Marianaはデュアル・レイヤー・シンセサイザーで、全く異なる2つのシンセサイザー・サウンドをミックスし、ダイナミックに補完し合ったり、二重奏で演奏することができます。各レイヤーは、正確で独創的なコントロールが可能な2つのオシレーターを中心に構成されており、ベース・トーンをミックスでパンチを効かせて際立たせることができます。2つのレゾナント・ムーグ・フィルターとサブ・オシレーター専用の3つ目のフィルターにより、サウンドをシェイプすることができ、高域をロールオフしながら暖かみを加えたり、レゾナンスを押し上げて食いつきを良くしたりすることができます。ステレオ・オシレーターとクロスオーバー・フィルター機能を搭載したMarianaは、ステレオ・コンテンツを素早く微調整できると同時に、パワフルなモノラル・ベースの基盤を維持するために最適化されています。

温かみのあるチューブ、テープ、オーバードライブのサチュレーションとタイトなコンプレッサーがベース・ラインに重厚さとグルーブ感を加える一方、照光式のリアルタイム・メーター・セクションでサウンドをモニターし、プロフェッショナルな基準に合わせることができます。フレキシブルな内蔵ディレイとコーラス・エフェクトは、別々のレイヤーで動作し、ハイパス・フィルターでソリッドなモノラル信号を維持しながら、サウンドのステレオ・イメージを拡張できます。Marianaには、プロがデザインした200種類のプリセットが付属しており、これを出発点として使用したり、独自のベース・トーンを作成するためのインスピレーションを得ることができます。

Marianaの直感的なユーザー・インターフェースは、レイヤーごとに3つのLFO、3つのエンベロープ、2つのランダム・ジェネレーターを装備しながら、素早く効率的なワークフローを実現するように設計されています。クリエイティブで非常に奥深いモジュレーション・エディターと組み合わせることで、Marianaは綿密なサウンド・デザインと、時間とともにダイナミックに進化するサウンドを得意としています。Marianaのほぼ全てのパラメーターは、MIDI、MPE、バーチャルCVを介して内部でモジュレーションすることができ、あなたのDAWの中で相互接続されたエコシステムを構築することができます。最適化されたリサイズ可能なユーザー・インターフェース、表現力豊かなオンスクリーン・キーボード、あらゆるDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)へのシームレスな統合により、Marianaは、紛れもないMoogベース・サウンドをあなたの作品に加える最も身近な方法です。

特徴

モダン・ムーグ・ベース:Marianaは、クラシックなムーグ・ベース・インストゥルメント(Minimoog Model D、Minitaur)の系譜を受け継ぎ、パワフルなベース・ラインを構築するための最先端機能を搭載した新しいベース・シンセサイザーです。
デュアル・レイヤー 2つの独立したシンセサイザー・レイヤーにより、補完的なサウンド・スタックや、ミックス可能な独立したデュオフォニック演奏が可能。
ディープ・モジュレーション: 豊富なモジュレーション・ソース、デスティネーション、コントローラー、ファンクションとディープなモジュレーション・マトリックス・エディターにより、Marianaのほぼ全てのパラメーターに複雑なモジュレーションをかけることができます。
直感的なインターフェイス: 美しく、サイズ変更可能なユーザーフレンドリーなインターフェイスにより、ベースサウンドを簡単にコントロールできます。
メータリングとコンプレッション: 内蔵エフェクト、コンプレッション、メーター機能により、ベース・サウンドにパンチを加え、プロフェッショナルな水準に調整することができます。
相互接続性: MarianaはバーチャルCV経由でMoogerfoogerエフェクト・プラグインと相互作用することができ、モジュラーMoogエコシステムをDAW上で構築できます。
柔軟性: Marianaは、DAWのプラグインとして使用することも、DAWを使わずにMIDI経由でコントロールできるスタンドアローンアプリとして使用することもできます。
プリセット・ライブラリー: 幅広い音楽スタイルとジャンルをカバーする膨大なプリセット・ライブラリーは、ユーザーが音楽制作に飛び込むための出発点となります。

システム要件

  • MacOS 10.13以降
  • Windows 10以降
  • VST3/AU/AAXフォーマット対応
    注:本製品はiLok USBとiLokクラウドの両方のアクティベーションに対応しています。無料のiLokアカウントと、物理的なiLok USBキーまたはアクティブなインターネット接続(iLokクラウドセッションを開始する場合)が必要です。

過去のセール価格

・2024年2月53.90ドル
・2023年12月49ドル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
セール

コメント

タイトルとURLをコピーしました