FLStudioの使い方 DirectWaveの音色を無料で簡単に増やす方法4

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioの使い方 DirectWaveの音色を無料で簡単に増やす方法4

管理人yosi です。

今までの記事はこちらからどうぞ

またこの記事を書くとは思ってなかったのですが、良い方法を見つけてしまったんですよ。

ハイクオリティな音では無いですが、レガシーを活用出来る方法です。

それはProteus VXをDirectWaveでリサンプリングして気に入った音を移植するんです。

Proteus VXをそのまま使えば良いじゃんと思われるかもしれませんが、実はかなり不都合があるんですよ。

Proteus VXはFLStudioの保存時にフリーズするですねー。

あと次回開いた時に以前のプリセットを読み込んでくれません。

まー不便なんです。

その辺の話は以前書いていますので、こちらを参考にして下さい。

この記事を読むと以下の事を理解出来ます。

・Proteus VXをDirectWaveにリサンプリングする方法(ただし1音ずつ)

 

Proteus VXをDirectWaveにレンダリングする方法

まずダウンロード方法やフリーズ回避等は以下の記事を参考にして下さい。

ここではリサンプリングする際の設定をご紹介します。

リサンプリングの設定は好みの音、容量、掛ける時間のトレードオフです。

可能な限り原音に近づけたいという事であれば、サンプリング数を多くすればいいのですが、容量と時間が増えます。

おすすめのリサンプリング設定とカスタマイズする場合、変更するパラメータを解説していきます。

おすすめリサンプリング設定

まずはおすすめのリサンプリング設定のご紹介です。

このおすすめ設定はとりあえず、原音に割と近く容量は少なめを目指しています。

この設定で21Mb程です。

もっと容量を下げたい場合は「Velocity layers」を「1」にし、「Keys perzone」を増やせば1/3位は簡単に減らせます。

欠点はレイヤーが設定したる音色だとそれは無視されてしまいます。
(Proteusは全てではありませんが、レイヤーが設定してあると思います)

変更するパラメータを解説

少しパラメータの解説をします。

この辺を理解すれば自分で容量と音色のトレードオフが出来るかと思います。

 

1.「Velocity layers」
2.「Keys per zone」
3.「Max length」

 

1.「Velocity layers」

Velocityをいくつのレイヤーに分けるかを設定します。

値が小さい方が容量は少なく済みます。

Proteusは32MBという今では考えられない程小さい容量でしたらからレイヤー数は多くても3つ位だと思います。

大きい音と小さい音で鳴らした時に違いがある場合はVelocityの数を増やしましょう。

ただ何が原因かは判りませんが、レイヤーを増やすとピッチが正しくならないプリセットもありました。

基本「Velocity layers」は1か2で良いかと思います。

 

2.「Keys per zone」

1つのZoneに幾つのキーを割り当てるか設定します。

値が大きい程容量が少なくすみますが、音の再現性が下がります。

リサンプリング元が完全デジタルなので、あまり細かくリサンプリングする意味はありません。

「Keys perzone」は2以上で良いかと思います。

 

3.「Max length」

リサンプルイング際の最長の長さを設定します。

デフォルト設定だと音が消えたらリサンプリングを終了し、あとは「Max length」に到達した時点でリサンプリングを終了します。

基本デフォルトで良いかと思いますが、Pad等で長く鳴らしたい場合は「Max length」を増やしましょう。

その際に「小節」、「拍」、「秒」を選べます。

FLStudioの使い方 DirectWaveの音色を無料で簡単に増やす方法4まとめ

Proteus VXは結構使える音があるので使わないのはほんと勿体ないですね。

今回ご紹介した方法を使えば簡単ですし、フリーズを心配する事も無くなります。

上手く活用したいですね。

コメント

Translate »