FLStudioの使い方 FLEXのプリセットをMIDIコンから切り替える方法

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioの使い方 FLEXのプリセットをMIDIコンから切り替える方法

Chillout with Beats の管理人 yosi です。

FL Studio 20.7で実装された機能でMIDI Scriptingを使ってFLEXのプリセットをMIDIコントローラーから変更出来るようにします。

MIDIキーボードで弾いててボタンで簡単に切り替えられたら便利ですよね。

多分今後、色々なスクリプトが作られるかと思います。

同様の方法でMIDIコントローラーとパラメーターを割り当てれば使えますので、やり方を覚えておきましょう。

FL Studio 20.7 | MIDI Scripting Next/Previous UI Change

FLEXのプリセットをMIDIコンから切り替える為の下準備

FLStudioを起動する前に以下の作業を行います。

まずオフィシャルのフォームで公開されているスクリプトをダウンロードします。
(要ログイン)

リンク遷移しFLEX.zipをダウンロードします。

ダウンロード出来たら、解凍しHardwareフォルダに入れます。

概ね前半は以下の様なPathかと思います。

C:\Program Files\Image-Line\Date\FL Studio\Settings\Hardware\FLEX

これで事前準備は完了です。

FLStudioを起動します。

MIDIコントローラーにスクリプトを設定する

メニューの「OPTIONS」->「MIDI Settings」をクリックします。(又はF10 )

利用するMIDIコントローラーの「Input」を選択し、「Controller type」を「FLEX Program Change(user)」に変更します。

「Debug」をクリックします。

次に「View」から「Script output」をクリックします。

「Debug」と「Script output」が表示されている状態です。

MIDIコントローラーのメッセージ内容を知る

MIDIコントローラーのどのボタンでFLEXのプリセットを変更出来るようにするか決めます。

ここではMaschineを使って解説しますが、どんなMIDIコントローラーでも手順は同じです。

以下の2つのボタンを使おうと思います。

実際に左右のボタンを押してみます。

「Debug」を見ると「Note On」で「C#1」と「D1」が記録されています。

ここで表示される内容はMIDIコントローラーによって異なります。

「Edit script」をクリックします。

色々表示されていますが、このスクリプトで大事なのは以下の2点だけです。

要はボタンを押した時にFLEXのプリセット「次を読み込む」と「前を読み込む」に対してMIDIメッセージを割り当てるだけです。(0xは16進数を意味し、6Fなので10進数だと111です)

MIDIメッセージは「Note on」イベント、「Control change」イベントがあるので、下の赤枠でそれを設定しています。

 

ポイントは以下の2つです。

・「Note on」イベント、「Control change」イベントのどちらが飛んでいるか
・「Note on」、「Control change」の値は幾つか

MIDIコントローラーの出力MIDIメッセージが「Note on」の場合と「Control change」の両方を解説していきます。

スクリプトを変更する(Note onの場合)

今回の場合は、「Note on」イベントで「C#1」と「D1」なので、まず「C#1」と「D1」をMIDIノート番号に変換します。

変換んは簡単で単純にピアノロールを開き、当該の鍵盤にマウスを持っていきます。

この状態でHit Barを見るとMIDIノート番号が判ります。(今回の場合は13と14)

もしHint Bar(左したの表示)が表示されていない場合は、メニュの「VIEW」->「Toolbars」->「Hint bar」をクリックです。

以下の3か所を変更します。

変更が完了したら、上書き保存をします。

スクリプトを変更する(Control changeの場合)

別途コントロールチェンジもやってみました。

ボタン系以外にもノブも行けました。

コントロールチェンジで注目するのは以下の赤枠部分です。

この例は2つのノブを動かしました。

この「01」と「00」に変更します。

コントロールチェンジの部分はデフォルトのままで大丈夫です。

変更が完了したら、上書き保存をします。

FLEXで動作確認

Script outputに戻り「Reload script」をクリックします。

「FLEX」を起動します。

FLEXにフォーカスが当たっている状態で、MIDIコントローラーから操作してみて下さい。

プリセットが変われば成功です。

FLStudioの使い方 FLEXのプリセットをMIDIコンから切り替える方法まとめ

如何でしょうか、少し面倒ですが、今後出来る事が大きく広がりそうです。

スクリプト関係はどんどん追っていこうと思います。

 

コメント