FLStudioの使い方 Songファイルが開けなくなってしまった時にすべきこと

FL Studio
スポンサーリンク

まれにSongファイルが開けなくなると言う事が発生します。
(多分大体どのDAWでもあるんじゃないかと)

その原因の殆どはプラグインによるものです。

ですからそのプラグインを取り除く事が出来ればSongファイルをまた開けるようになるという訳です。

この記事は以下の内容でお送りします。

・FLStudioのSongファイルが開かなくなってしまった際に、特定のプラグインをアンロードして保存する方法

 

FLStudioのSongファイルが開かなくなってしまった際に、特定のプラグインをアンロードして保存する方法

まずFLStudioを起動します。

メニューの「HELP」から「Diagnostics」をクリックします。

 

 

 

ASIOのドライバー選択画面が出ますが、「Cancel」をクリックします。

一番したの「Fix FL Studio song project」を選択し「BROWSE」から対象のSongファイルを開きます。

「Remove a plugin that crashes when the file is opened」にチェックを入れます。

するとSong内で使われているプラグインが一覧表示されますので、アンロードしたいプラグインにチェックを入れて「START」をクリックします。

すると元のファイル名に「-recoverd」とついて同じ場所に保存されます。

エフェクトは綺麗になくなりますが、音源は名前が少し変な表示になりました。
(なぜかエフェクトで読み込んでいたGemComp LAが名前になっていました)

開くと以下の様に置き換わっています。

 

 

まとめ

まとめます。

・ソングファイルを開く際にDAWが落ちる等に遭遇したらDiagnosticsツールを使ってプラグインをアンロードして再度開いてみる

 

コメント

Translate »