FLStudioのMixerにある「Current」の使い方

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioのMixerにある「Current」の使い方

管理人のyosiです。

結構長い間使い方判らず放置していたのですが、先日使い方に気付いたんす。

「Current」は以下の画像の赤枠部分です。

Mixerにある「Current」が何かと言うと選択しているMixerTrackがルーティングされるMixerなんです。

何に便利かと言うと以下の使い方が想定出来ます。

・アナライザー系のプラグインを指してトラック毎の違いを確認する
・選択したトラックがEdisonに録音されるようにする

アナライザー系のプラグインを挿す

個人的にはアナライザー系のプラグインを挿しておくと便利かと思います。

何が便利かと言いますと「Current」に挿しておけばSolo等せずに選択するだけでアナライザーにルーティングされるのです。

AB比較の出来るYoulean Loudness Meter 2やスペアナとして優秀なSpanが特に便利です。(無料でもある程度の機能は使えます)

Soloボタンとか押さずに確認出来るので便利です。

 

選択したトラックがEdisonに録音されるようにする

これは便利です。

要は「Current」にEdisonを起動しておき、録音したいミキサートラックを選択すれば、そのトラックのみ録音されます。

わざわざSoloにしたり、Muteする必要がないので、本当に楽です。

こんな感じです。

 

FLStudioのMixerにある「Current」の使い方まとめ

いや~ほんと便利ですね、これ。

いままで結構マスターにアナライザー系プラグインを挿していたので、都度ソロとかミュートしてました。

この方法だとほんと時短になります。

こういうちょっとした事の積み重ねって大事ですね。

コメント

  1. FLくん より:

    これは便利ですね、まったく気にもしてなかった機能です。
    サイケを作られてるのもびっくりしました。

    • yosi より:

      コメントありがとうとざいます。
      以外と知られていないけど便利な機能だと思います。

      私も全然知らなかったので、目から鱗でした。
      サイケは音源がそっち系で引っ張られました。
      お好きでしたらかなりおすすめです。
      多分ブラックフライデーでセールすると思います。

      https://fx23.net/psylab-pro/

Translate »