水の中で鳴る音を再現する方法(音デモ付き)

FL Studio
スポンサーリンク

水の中で鳴る音を再現する方法(音デモ付き)

管理人 yosi です。

水の中で鳴る音を再現する方法を解説します。

結論を言ってしまうとIRを使うだけなのです。

ここではFLStudioを使って解説していきます。
(FLStudioで無くてもDAWとIRプレイヤーがあれば出来ます)

こんな感じの音です。

では早速解説していきます。

下準備

まず、先日FreeToUSeSoundsさんでリリースされたIRをダウンロードします。

ファイル名長すぎなので、「Fruity Convolver」で認識しない時があるので、リネームすると認識するようになるかと思います。

ツールを使うと簡単に全ファイルリネーム出来るよという記事も書いてますので、是非。

IRファイルを編集する

「Fruity Convolver」をミキサーに読み込み、FreeToUSeSoundsさんのIRを読み込みます。

ここでは一番最初のファイル「01 IR, AmbUndr, Splash, Impact, Underwater, Drop, Water Drop, Hydrophone, FTUS, AMBIENT ASF2MK2, 19232, 01.wav」を使っていきます。

FreeToUSeSoundsさんにIRは遅延が発生します。

こんな感じです。

用途によってはこのままでも良いのかもしれませんが、ここではIRを編集します。

そこでIRを編集します。

「Fruity Convolver」だとそのまま編集が可能です。

やる事は遅延部分のカットと自分が良いと思う所を使うだけです。

お勧めは以下の2パターンです。

①は普通のIRのパターンです。

ここだけ切り取って使います。

動画を用意しました。

②静かな部分を使います。

動画を撮ってみました。

 

 

水の中で鳴る音を再現する方法(音デモ付き)まとめ

まあまあ水中っぽくなったんじゃないでしょうか。

FreeToUSeSoundsさんのIR結構使い所が沢山あるので、編集して自分用に作っておくとオリジナリティが出せますね。

IRは質感をガラリと変える事が出来て良いでね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました