【無料】AudioModernのGatelabでMIDI出力する方法

プラグイン
スポンサーリンク

ちょっと時間が取れないので軽めの記事です。

「Gatelab」はGateエフェクトですが、Gateの動きをMIDI CCで出力する事が出来ます。

ですから他の音源のパラメータを動かす事が出来るんです。

こんな感じです。

 

では早速解説していきます。

AudioModernのGatelabでMIDI出力する方法

MIDIのルーティングをする必要があるので、「Gatelab」と音源で設定をしていきます。

注意点

「Gatelab」のVST3バージョンはFL StudioだとMIDI出力が出来ません。

どちらに問題があるか判りませんが、MIDI Monitorを使って確認した所、一切出力されていませんでした。

ですからFL StudioユーザはVST2版を使いましょう。

Gatelabの設定

「Gatelab」の設定をします。

左上の歯車アイコンから「output port」を「0」にします。

「Gatelab」の一番右のアイコンをクリックします。

上端の「MIDI CHANEL OUT」の「ON」をクリックして有効にします。

値を変える必要はありません。

もしMIDIコントローラー等で特定のCC番号を使っている時は「CC3」を別の番号にして下さい。

 

音源側の設定

今回音源は個人的に推している無料の「GR-8」を使います。

好きなのでアップデート内容の解説なんかも勝手にやったます。

MIDI inの設定をします。

左上の歯車アイコンから「input port」を「0」にします。

あとは「Gatelab」で動かしたいパラメータの上で右クリックから「Lean」をクリックします。

ここではパラメーターは「CUTOFF」で設定しています。

DAWを再生すると勝手にノブが動くかと思います。

動画も用意しました。

 

「Gatelab」はMIDI outを2系統搭載していますから、他のパラメータを同時に動かす事も出来ます。

 

まとめ

最初VST3版でやってて全然パラメータ動かなくて悩んだんです。

VST2版だとあっさり動いて拍子抜けしました。

無料でMIDI outが出来て使い勝手が良いツールだとWinのみですが、CC Stepperがあります。

両方共それぞれ強みが異なる為、使い分けると良いかと思います。

有料だとGatekeeperLFO Toolsかなと思います。

コメント

Translate »