【無料】MIDIの動きをモニター出来るプラグインMIDI Monitorの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

本当はMIDI-Transformerの紹介記事を書いていたのですが、どうしてもFL Studioだと動かなくて、急遽変更しました。

代わりにMIDI関連で動かない時に検証で以前から使っているプラグインMIDI Monitorを紹介します。

この記事は以下の内容でお送りします。

・MIDI Monitorの概要とダウンロード方法
・MIDI Monitorの使い方

MIDI Monitorの概要とダウンロード方法

時には、MIDIがどこに行くのか、メッセージは何なのか、あるいは….、今現在MIDIが行われているのかどうかを正確に把握しようとすることは、宇宙で最も苛立たしいことです!

恐れることはありません、aiXdspはあなたに無料のMIDIモニターを提供しています、あなたの選択したDAWで使用することができ、すべてのナンセンスを理解することができます。

ここでそれを手に入れ、言葉を広め、そしてどうやってそれが好きか私たちに知らせてください!

一応$9.99ですが、長い間Freeの状態です。

フォーマットはWindows/OSX (VST2 AAX)です。

特に登録等は必要なくダウンロード可能です。

MIDI Monitorの使い方

特に使い方も何もないのですが、FL Studioでの使い方を簡単に解説しておきます。

例えば「Output port」 を「0」にした「GateKeeper」からちゃんとMIDI CCのデータが衆力されているか確認してみます。

既に「GateKeeper」はMIDI設定と「Output port」が「0」に設定してある状態とします。

「MIDI Monitor」をミキサーに読み込み確認したい「input port」に合わせます。

ここでは「0」にします。

すると「GateKeeper」からMIDI CCのメッセージが届いているのが見れます。

動画を用意しました。

 

まとめ

MIDI CC等が上手く反応しない場合、原因究明の為に切り分けが必要になります。

MIDI系のプラグインがちゃんと出力出来ているのか、受け取り側がちゃんと受け取れているのか等を1つずつ見ていくとどこに原因があるか見つける事が出来ます。

こういったツールを使うと切り分けが簡単に出来て良いですね。

 

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント

Translate »