【無料】AudioDamageのXYZパッドを搭載したFilterプラグインDr. Deviceの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

今日はAudioDamageさんのフィルタープラグインDr. Deviceのご紹介です。

Dr. Deviceは後継版出ていませんが、とても良いプラグインだと思います。

プリセット鳴らして見ました。

シンセのリフなんかがぴったりです。

 

ベースとドラムを足して見ました。

ベースは相変わらずMonoment Bassでドラムは今回購入特典のPlaybeat Liteです。

Playbeat Liteについては記事も書いていますのでこちらもどうぞ。

 

概要

Dr. Deviceは、2つのハイオク・アナログスタイルのエフェクトが1つになったものです。まず最初に、Audio Damage独自の4極ローパスと5つのおいしい音楽モードを備えたマルチモードフィルターを搭載しています。そして、オーディオは真のステレオ・アナログ・ディレイに送られます。これらのエフェクトを2ノードのXYZパッド、モーション・レコーディング、キネティクスと組み合わせると、ライブ・パフォーマンスとスタジオでの微調整の両方に適したエフェクトが完成します。

特徴

マルチモード・フィルター(4PLP、3PLP、2PLP、4PHP、2PHP、4PBPモード)。4PLPはオーディオ入力なしで高いレゾナンスで自己発振し、Dr. Deviceをテルミンタイプの楽器として使用することが可能です。
“真空管 “スタイルのソフトサチュレーションとビットリダクション。
2つのフィルタリングモードとテンポシンクされた時間を持つステレオバケット-ブリゲードスタイルディレイ。
2ノードのXYZコントロールパッド(ハードウェアのXYZパッドからコントロールできるようにハードワイヤードされている
XYZパッド上で洗練されたモーションレコーディングとキネティクスコントロールが可能

 

 

ダウンロード

ダウンロードは登録不要で出来ます。

上記リンクより遷移し、上の方の「Dr. Device」をクリックするとダウンロードが始まります。

 

インストール

WinだとVST2版のみなので、フォルダの指定が必要です。

VST2のフォルダは大体は以下のうちのどれかです。

C:Program FilesVSTPlugIns
C¥ProgramFiles¥Steinberg¥VSTPlugins
C¥ProgramFiles¥Steinberg¥Cubase¥VSTPlugins
C:\Program Files\Common Files\VST2
C:\Program Files\Common Files\Steinberg\VST2

 

まとめ

なんか色々惜しいプラグインです。

エフェクトを選べたりXYパッドの動きをLFOで動かせたりしたらさぞ良かっただろうと思ってしまいます。

後継版でそういったプラグインがAudioDamageさんから出なかったのが残念です。

現状それに近いことができるのはHY-PluginsさんのHY-Filter4ですね。

HY-Filter4かなり素晴らしいプラグインだと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました