【無料】Clark Audioのノイズを足せるプラグインTexturesの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

BPBさんの所でClark AudioさんのTexturesが無料という情報が出ていたのでご紹介です。

オフィシャルに告知等は無いので、BPBさんとの連動企画なのかもしれません。

元が有料だったので期待してたのですが、ちょっと期待はずれでした。

というのもこのTexturesノイズを重ねるだけで原音は変わりません。

フィルターが内蔵していますが、ノイズにのみ働きます。(原音は一切影響しない)

こんな感じです。

ただノイズの収録数は多いので、手持ちが少ない方はもらっておきたいです。

工夫次第ですが、PatcherとSnapheapを使うとこんな感じにできます。

概要

ホコリ、レコードの音、メカニカルノイズ、テープノイズ、自然環境などをあなたの音に重ねてみてください。サンプルは私たちのサンプルレーベルKits Kreme Audioによって作成されました。

ダウンロードはメールアドレスのみで出来ます。

上記リンクより遷移し、一番下の方の「Clark Audio Textures 」をクリックします。

「DOWNLOAD NOW」ボタンをクリックします。

ポップアップで以下の画面が表示されるので、メールアドレスを入れて「Download」をクリックします。

少しするとメールにダウンロードリンクが記載されて送られてきます。

メールの件名は以下です。

Textures Plugin [FREE DOWNLOAD]

メール本文にOS毎のダウンロードリンクが記載されています。

 

 

インストール

インストールは解凍したフォルダ内にあるインストーラを実行して終わりです。

VST3版がインストールされます。

もしVST2をインストールしたい場合は、解凍したフォルダの「VST2」フォルダの中の「Textures.dll」を以下のPathに入れる必要があります。

C:\Program Files\Common Files\VST

VST2版は先にVST3版をインストールしておく必要があります。

Tips

Patcher」と「Snap Heap」を使う方法を少しだけ解説しておきます。

ポイントは「ENV 1」で「Gain」をモジュレートする所です。

モジュレートの設定で逆方向にモジュレートすることで、入力に対して、Gainを下げる事が出来ます。

動画を用意しました。

あとは適当なコンプで一体感を出せばOKです。

ここではAnalog ObsessionさんのSPECOMPを使ってみました。

 

まとめ

無料なので良いですが、$39だったらもう少し機能が欲しいかなと言う感じです。

収録ノイズ数は多いのと使いやすい音があるので、使い方次第という感じです。

なお「NoiseShaper」があれば「Snap Heap」無くても同様の事が出来ます。

NoiseShaper」だとノイズの種類、大きさ、掛かり具合等かなり細かく設定出来ます。
(動画では変更していませんが、アタック、リリース等も調整可)

 

 

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました