Softube ModularでReason Lite Rack PluginのMATRIXを使う方法

Modular
スポンサーリンク

Softube ModularでReason Lite Rack PluginのMATRIXを使う方法

管理人の yosi です。

いやーこれは変態サンドにおいては最強ですね。

ベースとキックはBASE使ってます。

低音がすっきりします。

Softube Modularの弱点ってBPM同期しないLFOとシーケンサーだと思ってので、MATRIX使えたらかなり強くなれます。

という訳でこの記事は以下の内容でお送りします。

・Softube ModularでReason Lite Rack PluginのMATRIXを使う方法
・MATRIXから送られてくるPitch情報をスケースに合わせる方法

 

Softube ModularでReason Lite Rack PluginのMATRIXを使う方法

まず「Softube Modular」で「Reason Lite Rack」からMIDIデータを受け取れる設定をします。

左上の歯車アイコンから「Setting」>「MIDI」の「Input port」を「0」にします。

次に「Softube Modular」ではMIDIデータを「Pitch」と「Gate」に分けます。

そこで「MIDI TO CV」を追加します。

「DAW AND MIDI INTERFACING」の中の一番左のモジュールです。

あとは「Note」を「VCO」の「CV1」等に接続し、「GATE」を「ADSR」等に接続します。

以下は一例です。

Reason Lite Rack Plugin側の設定

Reason Lite Rack Pluginを追加します。

まず、右クリックから「Instruments」->「MIDI OUT Device」をクリックします。

次に「MIDI OUT」の上で右クリックから「MATRIX」を追加します。
(この順番だと自動でケーブルが結線されます)

一応GIF動画も用意しました。

次に「MIDI」の設定を変更します。

左上の歯車アイコンから「MIDI」の「Output port」を「0」に設定します。
(この後設定する「Input port」と合わせれば「0」以外でも問題ありません)

これで「MATRIX」の再生ボタンを押せば音が出ます。

MATRIXから送られてくるPitch情報をスケースに合わせる方法

「Softube Modular」にも「Quantizer」モジュールがあります。

「PERFORMANCE」に「Quantizer」がありますので追加します。

上の段が「Chromatic」で下の段が自分でスケールを設定出来ます。

今回はスケールを設定するので下の段を使います。

設定して単純に通すだけです。

残念なのは「VoltageModular」の「Quantizer」の様にプリセットから選ぶとはいかない所です。

Softube ModularでReason Lite Rack PluginのMATRIXを使う方法まとめ

ModularとMATRIX良いですね。

今までシーケンサーが無かったのと、操作性が酷いのであまり使っていませんでしたが、やはり音が凄いです。

他のソフトシンセでは出ない音が出ます。

 

コメント