コード進行お助けツールのRipchordがバージョン2になったら飛躍的に良くなってた

プラグイン
スポンサーリンク

コード進行お助けツールのRipchordがバージョン2になったら飛躍的に良くなってた

管理人 yosi です。

前に紹介した事があったのですが、その時はかなりイマイチでした。

しかし、コードのプリセットも増え、しかもMIDIファイルからインポートしてコード毎に鍵盤に割り振り可能という機能まで増えてます。

この辺の機能の解説をしていきます。

ダウンロードとインストール方法などはこちらの記事を参考にして下さい。

Ripchordがバージョン2の使い方

大分パワーアップしています。

以下の動画はRipchordでコードを作ってからBurn to Midiの機能を使て出力して、Chopしました。

Chop後はこんな感じです。

 

Ripchord初期セットアップ

今回はダウンロードしたファイルにコードのプリセットも少し入っています。

まずその読み込み方からです。

まず起動し、右上の歯車アイコンをクリック

「import a preset file(s)」をクリック

ダイアログが表示されるので、Ripchordを解凍したフォルダまで移動します。

中に「Presets」のフォルダがあるので開きます。

続いて「Gravez」フォルダがあるので開きます。

中に3つのファイルがあるので、Shiftを押しながらクリックして全て選択します。

GIF動画も用意しました。

プリセットは右下の「Presets」から確認出来ます。

赤枠のプリセットが今回インポートしたプリセットです。

新規であれば、赤枠のプリセットのみ表示されています。

使い方は簡単です。

Ripchordの設定方法

Ripchordの設定

Ripchord自体に音源は付いていませんので、MIDI OUTを他のVSTiに接続する必要があります。

ここではFLStudioの画面で進めます。(他のDAWも同じような感じかと思います)

Ripchordの画面上の歯車アイコン「Setting」->「Output port」を任意の番号に設定します。
(この番号はこの後設定するVSTiと同じにすればOKです)

MIDI OUTを受信するVSTiの設定

VSTi側は何でもOKです。
(ただしFLのNativeはMIDI portの設定が出来ないため、Patcher等を使わないと出来ません)

 

やる事は同じで、「Input port」をRipchordの「Output port」に合わせます。

以上で完了です。

RipchordでMIDIファイルからプリセットを作る

これは素晴らしいですね。

やり方は簡単です。

まず起動し、右上の歯車アイコンをクリック

「import a MIDI filte(s)」をクリック

ダイアログが開くのでMIDIファイルを開くだけです。

以下のような感じで鍵盤に並べられます。

コード進行お助けツールのRipchordがバージョン2になったら飛躍的に良くなってたまとめ

これで無料はすごいですね。

FLStudioユーザなら先日紹介したアルペジオパターンを活用すれば超時短になりそうです。

 

コメント

Translate »