Reaktor Library WaveWeaverをMIDI OUTする方法

NtiveInstsuments
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Reaktor Library WaveWeaverをMIDI OUTする方法

Chillout with Beats の yosi です。

同じMIDI OUTの様に思えますが、少しずつ難易度が上がっていっています。

今回は少し奥にあるPitchとGateを引っ張りだしてMIDI OUTします。

どんな効果があるかは以下の動画を見てみて下さい。

思いの他カッコよくてこれまたびっくり。

知ってるけど内緒にしてる人結構居るような気がします。

上物とベースはReaktorのMIDI OUTをPatcherに読み込んだFLEX2つで鳴らしています。

ドラムはFLStudio標準の物にセール中のLittleFootを掛けてみました。
(低音がしまって良い感じです)

WaveWeaverにMIDI OUTを作る

前回のSpiralとは違い、WaveWeaverにMIDI OUTを追加しても接続出来ません。

では早速追加方法を解説していきます。

Reaktorの「Edit」をクリックします。

見ての通り、MIDI OUTを接続する所がありません。

Reaktorは階層化されていて、この「WaveWeaver」をダブルクリックすると中を見れます。

「Sequencer」に「G」と「P」があります。

これが「Gate」と「Pitch」です。

どうやって出力するかと言うと、「Note Pitch/Gate」モジュールがありますのでこれを使います。

右クリックから「Built-In-Module」->「MIDI Out」->「Note Pitch/Gate」をクリックします。

あとは「G」と「G」、「P」と「P」を接続します。

あとはFLStudio側でのMIDI Portを合わせればMIDI OUTが接続出来ます。

Reaktor上で保存しないとDAWは「Note Pitch/Gate」を追加した情報を保持してくれません。Save asで新しい名前を付けて保存しましょう。

ReaktorのMIDI設定

もう何度もやっていますので画像のみ載せときます。
(要するに送る側と受ける側でMIDIPortを合わせます)

PatcherでMIDI OUTを設定する

FLStudioのシンセはMIDI OUTを設定出来ません。

ただ、Patcherを使えば設定出来ます。

Patcherに何かシンセを読み込んでおいてください。

ここでは「FLEX」を使います。

動画で用意しました。

ちょっと動画だと隠れた部分を補足します。

「From FL Studio」の上で右クリックすると「OUTPUT」->「EVENT」を表示させます。

すると以下の様にMIDI portの一覧が表示されるので、MIDI OUTで設定したPortを設定します。
(ここではReaktorで「MIDI port」に「 0」を設定したので「MIDI port 0」を選択します)

これで音が出るようになります。

Reaktor Library WaveWeaverをMIDI OUTする方法まとめ

ほんとこれだけでかなりカッコいい感じが作れます。

今回はVSTiですが、外部の音源でも当然出来ます。

近々WaveWeaverの解説します。

 

コメント