Reaktorの使い方 BPM同期するシーケンサーを作る

NtiveInstsuments
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Reaktorの使い方 BPM同期するシーケンサーを作る

Chillout with Beats の管理人 yosi です。

シンセを作る予定でしたが、その前にBPM同期するシーケンサーを用意しときます。
(BPM同期部分はLFOの使いまわしです)

この記事を最初に見た方は過去の記事からお読みください。

Reaktorの使い方 シーケンサーを追加する

マクロの追加

以前作成したDelayのEmsmbleをロードします。

「Instrument」を開きます。

右クリックから「New Macro」をクリックします。

以下の様に箱が追加されます。

ラベルをSEQ等と変更しておきましょう。(ラベルの所をダブルクリックで変更可能です)

マクロをダブルクリックして開きます。

右クリックから「Built-In Module」->「Sequencer」->「Multiplex 16」をクリックします。

以下の様なモジュールが追加されます。

「Len」から「15」までひたすら右クリックから「Create Control」をクリックします。

右クリックから「Built-In Module」->「Terminal」->「IC Send」をクリックします。

パネルを整理する

ノブを大量に作ったので、パネルを一度整理します。

左上に固まっていますので、下に配置します。

これは個人の好みなので、自由に配置してください。

LFOのBPM同期部分をコピーする

LFOの中にあるBPM同期部分のマクロをコピーしてきます。

BPM同期部分はスタックドマクロの中に入っています。

これを選択して右クリックから「Copy」をクリックします。

SEQのマクロの中で右クリックから「Paste」をクリックします。

BPM同期のマクロがコピーできました。

BPM同期の作りこみ

右クリックから「Built-In Module」->「Math」->「Reciprocal, 1/x」をクリックします。

このモジュールはディバイダー(分割)です。Outputは1を入力値で割ったValueが出力されます。

BPM120の時は0.5が出力されます。

要は4分音符の間隔が0.5秒(scond)であることを出力できます。

この値に1000を掛けてmsに変換します。

右クリックから「Built-In Module」->「Math」->「Multiply」をクリックします。

 

「Multiply」のインプットで右クリックから「Create Constant」をクリックします。

値を1000にし、全部接続します。

右クリックから「Built-In Module」->「Event Processing」->「Counter」をクリックします。

以下のモジュールが追加されます。

右クリックから「Built-In Module」->「Auxiliary」->「A to E(Perm)」をクリックします。

以下のモジュールが追加されます。

「A to E(Perm)」の「F」と「A」の上で右クリックから「Create Contant」をクリックします。

2つ作ったら、「F」の値を「1000」に変更します。

「A to E(Perm)」の「E」を「Counter」の「Up」に接続します。

右クリックから「Built-In Module」->「MIDI out」->「Start/Stop」をクリックします。

右クリックから「Built-In Module」->「Event Processing」->「Separator」をクリックします。

右クリックから「Built-In Module」->「Event Processing」->「Value」をクリックします。

これらを全て以下の様に接続します。

右クリックから「Built-In Module」->「Math」->「Modulo, x%y」をクリックします。

「Multiply」の「Out」と「Counter」の「Out」を「Modulo, x%y」に接続します。

以下のようになります。

パネルの整理

配置に関しては完全に好みの問題かと思います。

自分が使い易い配置にします。

シーケンサーの動作確認

エフェクトとしてのシーケンサです。

DAWのスタート/ストップに連動して開始/停止します。

「IC Send」でモジュレートしたいパラメーターを割り当てます。

以下の動画ではDelayTimeに対してもモジュレートしています。

Reaktorの使い方 BPM同期するシーケンサーを作るまとめ

幾つか作っていると、使い回しが出来る部分があるので、素早く作れるようになってきます。

次回は以前作ったフィルターを統合しようかと思います。

その後にシンセを作っていきます。

シンセにもこれらのエフェクターを搭載(コピペ)出来ますので、自由度は結構高いかと思います。

コメント