Native Instruments Blocks BaseをKompleteKontrolで認識させる方法

NtiveInstsuments
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

Chillout with Beats の yosi です。

Blocks BaseとやらがKompleteStartに追加されたようなのでレビューと少し躓いた認識のさせ方を解説していきます。(Maschineでの追加方法も用意しました)

Blocks Baseの動画を貼り付けておきます。

もしKompleteStartを持っていない方はこちらの記事を参考にしてください。

無料で使えて今回の様なアップデートで新しい音色が手に入ります。

【無料】KOMPLETE START がリリース
無料のKOMPLETE START がリリース Chillout with Beats の yosi です。 DAWを持っていないけどとりあえず、KompleteStart から音を出してみたいという人向けに記事を書きました。 既にKompleteSta...

無料のBlocks Baseの使い方は以下の記事でしっかり書いています。
無料のモジュール追加方法も記載してます。

無料のReaktor BLOCKS BASEでシンセサイザーの作り方1
当分Reaktor BLOCKS BASEを記事にしていこうかと思います。 画面はReaktor ユーザはReaktor Playerのダウンロードが出来ないようなので、Reaktorの画面で説明していきます。 Reaktor BLOCKS BASEと...

 

Blocks Base

NativeInstsumentsの無償製品に「BLOCKS BASE」という物が追加されていました。

説明を読んでも良く判らないので、とりあえずインストールします。

クリックするとKontaktStartのダウンロードページに行ってしますので、NativeAccessを起動しましょう。

 

Blocks Baseのインストール方法

簡単です。

NativeAccessを起動すると、「Not Installed」をクリックします。

「Install」をクリックしてインストールします。下の画像は誤ってインストールしてしまったので、既にインストール済みの画像を使っています。

KompleteKontrolからのBlocks BaseをSCANする方法

起動したら、Scanするのでこれで認識するかと思ったのですが、私は認識しませんでした。
(PreferencesでScanしても変わらずでした)

もし認識されなかったという方は以下の方法を試してください。(半分無理やりですが・・・)

まず、今回インストールされたPathを見つけます。

このPathをSCANするフォルダとして追加します。

「Edit」の「Preferences」をクリックします。

「Library」->「User」->「Add」とクリックします。

先ほどのPathを追加します。

デフォルトであれば以下のPathです。

C:\Users\Public\Documents\Blocks Base

追加したら、「Scan」をクリックします。

「All Instruments」に「Blocks Base」が表示されていると思います。

 

MashineからBlocks BaseをSCANする方法

Maschineも同様で、PreferencesからScanしても認識しなかった為、KompleteKontrolと同じ方法を実施しました。同じように認識されなかった方は試してみてください。

「File」の「Preferences」をクリックします。

「Library」->「User」->「Add」とクリックします。

Pathを追加します。

デフォルトであれば以下のPathです。
(Pathが判らない場合は、こちらを参照して下さい)

C:\Users\Public\Documents\Blocks Base

追加したら、「Scan」をクリックします。

「All Instruments」に「Blocks Base」が表示されていると思います。

追加された音色

スナップショットは5つのカテゴリに全部で39追加されていました。

無料でもっと音色を増やせます。良ければ以下の記事もどうぞ

無料のReaktor BLOCKS BASEで無料Blockを追加する
記事書いてて心配になったので、別のPCにReaktorPlayerを入れて試してみました。 (Reaktorで動作確認していた為) 問題無くDAWから使えたので一安心。(NativeInstsumentsはもっと情報出すべきですねー) という事でもう...

無料で39音色増えるのですから良いですね。

少し使ってみた感じだとかなり良いです。(モノフォニックですが)

太い音がでますね。

簡単なデモを作りました。

303っぽい音があったので、それを二つ重ねて、ドラムはMaschineのドラムです。

パッチは「Arena Alert」と「Nostalgic Raver」です。

エフェクトは303っぽい音にMaschine付属のコンプとサチュレーションを掛けてる位です。

Blocks Baseまとめ

使って思ったのですが、画面上でつまみを動かすより、Maschineで動かす方が遥かに良いですね。

あと音色を選んだり、プレビュー聴いたりといった作業がかなりハードウェアのみで作業している感じがしてとても使い易いです。

Blocks Baseの記事を初心者でも判るように書いています。
自分でパッチングをしたいと思った方は是非見てみて下さい。

無料のReaktor BLOCKS BASEでシンセサイザーの作り方1
当分Reaktor BLOCKS BASEを記事にしていこうかと思います。 画面はReaktor ユーザはReaktor Playerのダウンロードが出来ないようなので、Reaktorの画面で説明していきます。 Reaktor BLOCKS BASEと...

 

コメント