【無料】Reason Lite Rack Pluginで使えるおすすめシンセMacroの紹介

Reason Rack
スポンサーリンク

以前PluginBoutiqueさんで購入特典だったReason Lite Rack Pluginで動くMacroの紹介です。

Reason Lite Rack Pluginをお持ちの方は是非試して見て下さい。

無料とは思えない音源です。

MacroはEurorackのMutable InstrumentsのPlaitsがベースになっています。

PlaitsはBraidsの後継機で人気の機種です。

SotubeのModularではBraidsがあり、かなり実機に近い仕様で、記事書いてます。

そんなPlaitsベースのシンセがReson Rackなら無料で使えるのです。

鳴らして見ました。

概要

Mutable InstrumentsのPlaitsモジュールをベースにしたMacroは、オリジナルの風変わりな実験性をEurorackからReason Rackに持ち込んでいます。Macro Multi-Model Synthesizerは、Rack Extensionフォーマットを活用した全く新しいインターフェースで、シンプルで簡単に探求できるシンセサイザーとして、幅広いサウンドジェネレーターのパレットをあなたの指先にお届けします。

Emilie Gilletのオープンソースソフトウェアへの寛大な貢献の精神に基づき、Presteign Sound LabsとPongasoftはMacro for Reasonを誰でも無料で使用できるようにしました。あなたがどんな作品を作るか、楽しみにしています。

 

ダウンロード

購入手続きなんかは以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

まとめ

これはほんと素晴らしいですね。

Reason Rackはほぼモジュラーなのでパッチングが楽しくて好きです。

Macroも背面に音色変更や3つのパラメターをモジュレート出来るので、かなり音作りの幅が広いです。

下図赤枠部分です。

 

 

スポンサーリンク
Reason Rack
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました