【無料】FLStudioユーザにおすすめ PatcherのパッチINSPECTORの紹介

FL Studio
スポンサーリンク

【無料】FLStudioユーザにおすすめ PatcherのパッチINSPECTORの紹介

Chillout with Beats管理人 の yosi です。

INSPECTORというPatcherのパッチをFrankさんが無料配布されています。

INSPECTORが何かと言うと、簡易的な確認ツールと色々な再生デバイスの周波数特性を模したPatcherのパッチです。
(内部はIRでは無くEQで周波数を模しているだけです)

AudifiedMixCheckerの簡易版の様な物です。

詳しくは以下の動画を見てみて下さい。

Virtually check your mix ANYWHERE with this patch! [FREE DOWNLOAD]

ダウンロードにはYouTubeのチャンネル登録が必要です。

INSPECTORの解説

使い方はYouTubeのビデオみたら大体わかると思うので、内部の解説をしたいと思います。

仕組み自体は簡単です。

ただこれだけの機能を詰め込まれているので、実際作るとなるとかなり面倒です。
(Patcherはあまり複雑な事をやるのに適した構造ではない為)

順番に行きます。(途中簡単なのは端折ります)

Width

ノブの部分ですが、中身は「Fruity Stereo Enhancer」です。

何をやっているかと言うと「Stereo Separation knob」を動かしているだけです。

「+」の方に動かすとSideが大きくなり、「-」に動かすとMidが大きくなります。

Mono/Side/Invert/Swap/L Solo/R Solo

これも単純で「Fruity Stereo Shaper」を使ってMid、Side、Invertを「Fruity Balance」で切り替えています。

「Swap」、「L Solo」、「R Solo」も全て「Fruity Stereo Shaper」です。

全部プリセットで出来ます。

Yamaha NS10~Earbuds

この辺は全て「Fruity parametric EQ 2」を使って周波数特性を真似ていると思われます。

多分ですが、SonarworksのReference 4ARC System 3等から周波数特性を真似ているんだと思います。

一つのEQではポイントが足りない為、2つのEQを使っています。

NS10だと以下のような感じです。

実際ピンクノイズで測定するとこんな感じでした。

AudifiedMixCheckerの方は説明分を読む限りIRを使っているように思われます。

Outside the Club

これだけは唯一オリジナル性があって良いです。

クラブやライブハウスの外で漏れ聞こえる音の再現です。
(これに関してはエフェクトとして使えそうです)

で、中身はというと、「Fruity Stereo Enhancer」->「Fruity Multiband Compressor」->「Fruity Reeverb 2」->「Fruity parametric EQ 2」と接続されています。

「Fruity Stereo Enhancer」では「Stereo Separation」ノブを「-」に少し動かしてモノに近づけ、Lを少し遅らせて音を右側に傾けています。
(多分隣で鳴っている感を出すための処理だと思います。)

「Fruity Multiband Compressor」ではLowBandのみが有効になっていて、低音のみ出力されます。

「Fruity Reeverb 2」では一番小さいサイズのリバーブで部屋鳴り感を出しています。

最後に低音を強調させるためのEQで4のポイントについては「Fruity Multiband Compressor」で削れなかった中音域を削っているのだと思います。

【無料】FLStudioユーザにおすすめ PatcherのパッチINSPECTORの紹介まとめ

Patcherの中身を見て分析するのは面白いですね。

Frankさんは他にも随時無料パッチをリリースするそうなので、また記事にしたいと思います。

 

 

コメント