NativeInstsumentsでPiano音源 NOIRE をリリース

DTM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

Chillout with Beats の yosi です。

NativeInstsumentsでPiano音源 NOIRE がリリースされました。

普通のPiano音源なら記事に取り上げませんんが、NOIRE はちょっと別物です。
(特にキーボードが弾けない人は必見です)

何が普通のPiano音源と違うのか解説していきます。

何はともあれ、以下の動画を見てみて下さい。

 

基本スペック

価格は¥18,800で基本スペックは以下の通りです。

製品のタイプ: KOMPLETEインストゥルメント
サウンドの数: 2 NKI(Noire PureとNoire Felt)
スナップショットの数: 100
サウンドのカテゴリー: グランドピアノとプリペアド・グランドピアノ
サイズ: 16 GB
システム要件: 無償のKONTAKT PLAYERまたはKONTAKT(バージョン6.0.4 以降)

KONTAKT PLAYERのシステム要件とKONTAKT PLAYERのFAQもご確認ください。

作曲家、ピアニストNils Frahmのグランドピアノ(Yamaha CFX)を貴重なビンテージマイク、プリアンプを使ってレコーディングタジオFunkhaus Saal 3Galaxy Instrumentsによって録音されています。

Una CordaGalaxy InstrumentsによってFunkhaus Saal 3で録音されたそうです。

フェルト入りとなしで2つの用意されています。

フェルトについてはこのサイトに詳しく記載があります。
気になる人は見てみて下さい。

あと特徴として演奏者の動きや息遣い等のノイズを付加できるようです。

 

 

個人的にに目玉機能のパーティクル・エンジン

パーティクル・エンジンについては以下の記載があります。

新しいアイデアの閃きをお探しですか? 革新的なパーティクルエンジンを使うと、演奏に応じて、リズムやハーモニックな要素が自動的に生成されます。パーティクルエンジンは演奏に対して即座に動きを加えるので、演奏の新たな可能性を発見できます。

NativeInstsumentsのデモですが、一音ずつ弾いているのに、伴奏が追加されています。

キーボード弾けない私なんかはこういうのがずっと欲しいと思っていました。

ただ、ちょっと残念なのはMidiでのOutputは出来ないっぽいです。
(マニュアルに一切記載がありません)

以下の動画の3分40秒位からがパーティクル・エンジンの箇所です。
なんとも素晴らしいじゃあないですか。

 

NOIRE walkthrough | Native Instruments

まとめ

如何でしょうか。キーボード弾ける人も、他に無い音という意味では魅力的かと思います。

ただ、何と言ってもキーボード弾けないユーザには非常に素晴らしい製品じゃないでしょうか。

セールで安くなったら買います笑

コメント