NativeInstsumentsのSyth MASSIVE Xについて判っていること

NtiveInstsuments
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

Chillout with Beats の yosi です。

NativeInstsumentsのMASSIVE Xが6月に延期になって気になっている人も多いかと思います。

そんな中、NativeInstsumentsのブログでMassive Xに関する記事が投稿されました。

この記事で何か判るのでしょうか。

NativeInstsumentsのブログでMassive Xに関する記事が更新され、新しく記事を書いています。
こちらも宜しければどうぞ。

NativeInstsumentsのSyth MASSIVE Xの動画が公開
前回の記事から約1ヵ月、やっと動画が公開されました。 公開された動画 公開された動画は2つです。 この動画の音は1つのオシレーターで一切のFXは無しとのことです。 太い音で良い感じですね。 2つ目も同様に1つのオシレーターで一切のFXは無...

新しく公開されてスクリーンショット

以下のスクリーンショットが新しく公開されました。

これはちょっとやばいですね。

リズミックモジュレーションの画面とのことです。ライブパフォーマンス等で威力を発揮するそうですが、Midiノートに割り当て可能なようですね。

個人的に魅力的なのは画面下部のエディット画面です。

大体どのメーカーも細かい設定が出来るのですが、作るのが面倒なものが多いです。
そんな声を知ってか知らずか、このエディット画面はかなり作り易そうです。

 

あと気になったのが、以下の文章です。

Next a Noise section offers up to two simultaneous noise sources, selected from over 100, including natural sources like rain and birdsong.

ノイズセクションで100種類以上のノイズタイプを選べるようです。

雨とか鳥のさえずりなんかが入っていると。

ほんとどんな音が作れるのか今から楽しみですね。

既に公開されているスクリーンショット

 

下図はルーティングセクションの画像らしいのですが、自由にオーディオ信号をパッチ出来るようです。

 

まとめ

6月に延期したのにまだ音すら聴けないのは開発大丈夫かなーと心配してしまいます。

スクリーンショットを見る限りは素晴らしい物に違いないでしょうから、早く実際の音を聞きたい所です。

またNativeInstsumentsのブログが更新され次第記事にしようと思います。

コメント