【無料】MeldaProductionがMSoundFactoryPlayerをリリース(インストール手順の詳しい解説付き)

プラグイン
スポンサーリンク

【無料】MeldaProductionがMSoundFactoryPlayerをリリース

管理人の yosi です。

MeldaproductionからMSoundFactoryの無料版がリリースされたという事で試してみました。

MonasteryGrandというPiano音源が無料でも使えるのです。

Monastery Grand (for MSoundFactory) introduction

しかし単純にダウンロードで使える感じでは無かったので手順を解説します。

MSoundFactoryPlayerのインストール

MeldaProduction始めての方は何これ?と思うかもしれません。

MeldaProductionのプラグインのインストールは1つのユニバーサルインストーラーを使いインストールします。

ですから、1つだけインストールしたくても約300MBのインストーラーをダウンロードする必要があります。

インストール手順

ダウンロード出来たらexeを実行します。

まずはそのまま「Next」をクリックします。

ただしVerion 10を使っていた方は良く説明を読んでから進めて下さい。

過去のプロジェクトでMeldaのプラグインをオートメーションしている場合、そのままアップデートするとオートメーションされなくなります。

「I agree to the licence terms」をチェックし、「Next」をクリック

ProToolsを使っていない場合はAAXのチェックを外して「Next」をクリックします。

無料のプラグインを全部入れる場合はデフォルトで良かったと思います。

以前入れたことある方は以前の選択がそのまま反映されているはずです。

MSoundFactoryPlayerだけで良い場合は、一度「Select none」をクリックした後、「MSoundFactory」だけ選択し、「Next」をクリックします。

次に「VST Plugins」のディレクトリを指定します。

ご自分でいつも使っているフォルダを指定しましょう。

最後に「Exit」をクリックします。

これで終わりかと思いきやまだあります。

追加音源のダウンロード方法

以下のリンクから追加音源をダウンロードします。

遷移先の②と③をダウンロードします。

追記
場合によっては②は要らない可能性もあるようです。
判る方はまずは③をダウンロードして確認してダメなら②を追加が良いと思います。

 

ダウンロードしたら、DAWを起動し「MSoundFactory」を立ち上げます。

立ち上げたら「Menu」から「Install Product」をクリックします。

Sampleを格納するフォルダを選んでとメッセージが出るので「Close」をクリック

容量のあるドライブにフォルダを作って選択します。

次に先ほどダウンロードした「MSoundFactoryEssentials.mproduct」を選択し、「OK」をクリックします。

インストールが完了すると以下のようなダイアログが出るので「OK」をクリック

「MonasteryGrand.mproduct」も同様にインポートします。

以上で準備は完了です。

「MonasteryGrand」を読み込む

デモ版として動作している時は全ての音が出ますが、期間が過ぎると「Monastery Grand」以外は音が出なくなります。

「Keyboards」のカテゴリから「Monastery Grand」を選択します。

以上です。

この他にもMDrummer Essentials等無料で使えます。

お疲れ様でした!

 

コメント