FLStudioの使い方 リアルタイムブラーの作り方

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioの使い方 リアルタイムブラーの作り方

FLStudioのオフィシャル動画で大分前に紹介されていた方法です。

セール記事でVelvet Machineを紹介したのですが、ブラー効果だけならFLStudioでも出来るので記事にしとこうと思った次第です。

英語判る方は動画見た方が早いかもしれません。

FL Studio Guru | Realtime Blur FX

リアルタイムブラー効果の作り方

やり方ですが、まず下準備として「Fruity Convolver」を使って「Edison」のBlurエフェクトをIR化します。

この手順が面倒という方はFLStudioの掲示板でIRがダウンロード出来ますので、そちらからダウンロードしてください。(要FLStudioのアカウントへのログイン)

 

上記リンクより遷移し「Edison’s Default Blur Impulse」のダウンロードアイコンをクリックでダウンロード可能です。

EdisonのBlurエフェクトをIR化する

「Fruity Convolver」と「Edison」を読み込みます。(Edisonが下です)

「Edison」を開き「Record」ボタンをクリックします。
(これで待機状態になります)

「Fruity Convolver」を開き稲妻アイコンを間隔を空けて2回クリックします。

そして「Stop」ボタンをクリックします。

動画も用意しました。

 

スパナアイコンからBlurをクリックします。

デフォルトで「Accept」をクリックします。

 

これでBlurが掛かったIRが出来ました。

選択してはさみアイコンから「Trim」をクリックします。

 

「Fruity Convolver」にBlur IRをドラッグアンドドロップする

あとは「Edison」の右上のアイコンを「Fruity Convolver」にドラッグアンドドロップします。

「Fruity Convolver」で「Dry」を「0」にします。

これでBlurエフェクトの完成です。

Blurエフェクトの掛かり具合を調節する

もしもっと長いBlurエフェクトが良いという場合は、EdisonでBlurを掛ける際、「Amount」を増やすとBlurエフェクトが長くなります。

また「Fruity Convolver」の「stretch」の値を変えると長さが変化します。

 

FLStudioの使い方 リアルタイムブラーの作り方まとめ

リアルタイムブラー出来ますが、ちょっと設定とか変えるとなるとIR作り直しなので面倒ですね。

ブラー良いなと思った方は以下のプラグインがおすすめです。

リアルタイムでパラメータを変更出来ます。

 

 

コメント