FLStudioの使い方 Patcherでアナログディレイの再現方法

FL Studio
スポンサーリンク

概要

Chillout with Beats の yosi です。

FLStudioを使ったと書きましたが、応用は他の方法でも面倒ですが出来ると思います。

FLStudioにはPatcherがあるので楽に出来るんですね。

アナログディレイと言うからにはアナログの要素が必要です。

そこで、手持ちのアナログディレイElectro-HarmonixのDeluxeMemoryBoyからIRを取得したので、そのIRを使います。ある程度の需要があるようならIRも色々なパターンで取得して公開します。
(なんせ面倒なので・・・)

まずは音を聴いてみて下さい。

DRY音(Fruty Delay2)

WET音(今回作るPatcer)

かなり微妙な差なので次回以降記事にする予定の音も聴いてみて下さい。
TapeDelayのテープが少し不安定でピッチが揺れる感じにしてみました。(と言ってもかなり単純なことしかしていませんが・・・)

 

構想を練る

今回は簡易的なアナログディレイの再現を試みます。

IRはDeluxeMemoryBoyの1回目のフィードバック音から取得しています。

周波数特性を見ると300k辺りがディップ?あとは2kより上が落ちています。

Patcherの中でこのIRを通り、Delay2入ってWetのみをOutへ出します。

Dryは本当はDeluxeMemoryBoyを通しただけのIRを用意する方が良いのでしょうが、今回Dryは何もかませません。

実装

こんな感じになります。
かなりシンプルです。

From FLStudio->Fruty Convolver->Fruty Delay2 ->ToFLStudio

 

ポイントはFruity ConvolverとFruty Delay3はWETのみを出力する位です。

画像を張り付けときます。

スポンサーリンク

一応Patcerのファイルを公開します。

Analog Delay.zip

次回以降ノブの追加やもモジュレーションの追加等を行っていきます。

もう少し頑張るなら、Feedbackの2回目、3回目等のIRも取得してそれぞれ用意すればかなり本物に近くなると思います。今はFeedbackの1回目のみなので、Feedbackが減衰する際にHiが落ちていく音の再現が出来ていません。

まとめ

如何でしょうか、結構簡単に自分好みのディレイが作れてしまうと思います。

例えばDelayやReverbなどアナログのコンパクトエフェクターなど自分でIRを取得すれば自分の音を作る事出来るって良いですね。

自分でIRを取得する方法はこちらを参照してください。

FLStudioでImpulse Responseの作り方
FLStudioでImpulse Responseの作り方 Chillout with Beats の管理人 yosi です。 最近Impulse Response(以降IRと表記)記事に取り上げるようになって色々調べているうちに自分でも作りたくなりま...

次回はパラメータをノブにアサインする方法を解説していきます。

 

コメント