FLStudioのPatcherでMID / SIDE EQを作る

FL Studio
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

FLStudioのPatcherでMID / SIDE EQを作る

Chillout with Beats 管理人の yosi です。

MID/SIDEでEQが出来るプラグインがありますが、対応していないEQをPatcherを使ってMID/SIDEを個別にEQを掛ける事が出来ます。

英語が判るという方は以下の動画を見てみて下さい。

FL Studio Guru | MID / SIDE EQ With Patcher

実際にやってみました。

ベースとパッドに対して別々にMID/SIDEでEQを掛けています。

MIDではカットしてSIDEでブーストしています。

PatcherでMID / SIDE EQの設定方法

とりあえずFLStudio標準の「Fruity Parametric EQ2」でやってみます。

まずはPatcherをミキサーに読み込みます。

次に「Fruity Stereo Shaper」と「Fruity Parametric EQ2」を2つPatcher内で読み込みます。

配線をする前に「Fruity Stereo Shaper」のOutputを増やします。

まずは「Fruity Stereo Shaper」の上で右クリックから「Output」->「Audio」->「2.Sebd 1」をクリックします。

「Fruity Stereo Shaper」をダブルクリックしてGUIを表示させます。

プリセットから「Mixing」->「Mid – aSide Splitter」を読み込みます。

デフォルトだとサイドチェインインプット(IN/OUT DIFFERENCE)が「2」になっているので、「1」に変更します。

あとは下図のように配線すれば完了です。

新たに追加したOutから出力されるのがSIDEです。

あとSIDE側のEQでスペアナが表示されないのは正常です。

バグではないが将来のアップデートで何とかするかもとのことです。

FLStudioのPatcherでMID / SIDE EQを作るまとめ

FLStudioのEQでやりましたが、他のEQでも当然出来ますので、MID / SIDE EQ対応していないお気に入りのEQがあれば是非試してみて下さい。

Patcherのファイルとして保存出来るので、呼び出しが簡単だし、一部変更も簡単で良いですね。

コメント