FLStudio Edisonの代わりにiZotope RXシリーズを使う方法

FL Studio
スポンサーリンク

管理人 の yosi です。

FLStudioだと波形編集しようとするとEdisonが立ち上がりますが、それをRXシリーズに変更する方法です。

RXシリーズと書いていますが、多分他の波形編集ソフトで問題ないです。

私が試したのが前バージョンのiZotope RX 7なのでこの様なタイトルになってます。
(RX 8でも問題なく使ええます)

FLStudioとRXシリーズがシームレスに連携出来るとかなり便利です。

では設定方法を解説していきます。

 

FLStudioの設定

設定と言ってもとても簡単です。

FLStudioのメニューから「TOOLS」->「File settings」をクリックします。

「File」タブをクリックします。

「External tools」のフォルダアイコンをクリックしてRxシリーズのExeを指定します。

「RX 7」のWindowsの場合デフォルトでは以下のPathかと思います。

C:\Program Files (x86)\iZotope\RX 7 Audio Editor\win64

「RX 8」の場合は読みかえて下さい。

Edisonの代わりにRXを使う場合は以下の設定にします。

使い方

使い方はEdisonと同様です。

例えばサンプルで右クリックから「Edit in audio editor」をクリック

すると「RX 7」にサンプルが読み込まれた状態で起動します!

これ最高ですね。

まとめ

スピード重視ならEdisonの方が良いでしょうか、ノイズ除去がその他プロセスならRXを使うと使い分けすると良いかと思います。

Launch with fileにチェックをいれ、Default editorからチェックを外すとデフォルトはEdisonで右クリックから指定した際はRXを使うと言った使い方が出来ます。

 

コメント

Translate »