SamplesFromMarsのTipsから学ぶKickにEQを使わずに低音を足す方法3

FL Studio
スポンサーリンク

SamplesFromMarsのTipsから学ぶKickにEQを使わずに低音を足す方法3

Chillout with Beats の管理人 yosi です。

以下の様な内容で3回に分けて書いてます。

前回の内容は以下のリンクからどうぞ。

1.HighPassFilterを使ってKickに低音を足す
2.AudioDamageのFilterStation2を使ってKickに低音を足す+α
3.FLStudioのPatcherを使って使ってKickに低音を足す+α(本記事)
 

実を言うと前の二つの記事はこの記事の前振りだったりします。

では早速解説していきます。

FLStudioのPatcherを使って使ってKickに低音を足す

「Fruity Love Philter」でも出来るのですが、Patcherを使った方が良い理由が多いのです。

その為、「Fruity Love Philter」だけを使った方法は割愛します。

まずは「Patcher」をミキサーに読み込みます。

「Patcher」の中に「Fruity Love Philter」と「Fruity Stereo Shaper」を読み込み以下の様に接続します。

「Fruity Love Philter」を開きプリセットから「Mixing」->「Invert」を開きます。

何をしているかと言うと逆相を当てて元のKick音を消せるようにしています。

こうする事で「Fruity Love Philter」からどんな音が出ているのか簡単に把握する事が出来ます。

次に「Fruity Love Philter」を開きFilter名が表示されている所で右クリックから「Vanila high pass」をクリックします。

「CUT」は19%程度「RES」は最大にします。

CUTは曲のキーに合わせると良いかと思います。

詳しくは前回と前々回の記事を読んでみて下さい。

Kickを鳴らしてみて下さい。

ちょっと物足りないですよね。

Filterを「DUAL」や「TRIPLE」に変更すると少し太くなります。
これらはフィルターの角度で24、36 dB/Octave filters respectivelyです。

ここから+α部分です。

FLStudioのPatcherを使って使ってKickに低音を足す+α

低音をスパッと切りたい場合、エンベロープを使うとすっきりします。

「RES」の「IEF」を調節してリリース部分をカットします。

次に「Fruity Love Philter」はFilterを8つまでシリアルでもパラレルでも増やす事が出来ます。

そこでパラレル(標準)で増やしてもっと低音を増強してみます。

以下の動画では3つまで増やして3つ目は倍音(110Hz)に設定しています。

最後にLimiterを掛けてつぶしてアタックを強調しています。

最終的な出来上がりです。

Loopcloud DrumのMIDIエクスポートを利用してKickだけ差し替えてます。

 

SamplesFromMarsのTipsから学ぶKickにEQを使わずに低音を足す方法3まとめ

如何でしょうか。

DryとWetの量やDryを消す事も出来ますし、片方のみコンプやサチュレーターを掛けて潰したり歪ませる事も出来ます。

Patcherを使うとかなり音作りが自由に出来るかと思います。

ほんと便利ですね。

コメント