【2019年版】海外のサイトで人気がある無料のソフトシンセ【Dead Duck Deducktion】

プラグイン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年版】海外のサイトで人気がある無料のソフトシンセ 【Dead Duck Deducktion】

Chillout with Beats の yosi です。

2019年で海外のサイトKVRで人気のある無料のソフトシンセをご紹介する第8段です。

見た目は何故かMaschineにそっくりです。

あとWindowsのみです。

まず音が良いです。

折り返しノイズも無く綺麗な音が出ます。

また、無料でルーティングやMIDI CCに対応している辺り素晴らしすぎます。

ささっと音を作ってCCStepperでCutoffを動かしてみました。

Dead Duck Deducktionの概要

Deducktionは、クラシックなサブトラクティブデザインに基づいた32音ポリフォニックシンセサイザーです。これには、2つのオシレーター、フィルター、3つのエンベロープ、4つのLFO、12スロットのモジュレーションマトリックス、組み込みのディレイ、コーラス、リバーブエフェクトが含まれています。

 
とてもシンプルなインターフェイスで直感的に使えるのが人気の理由でしょうか。

Dead Duck Deducktionの無料プリセットとスキンの入手方法

本体だけだと最初はプリセットが何も入っていません。

直感的に判るので簡単に使えますが、やはりプリセットは欲しいですよね。

KVRからプリセットとスキンをダウンロード可能です。

2020年1月6日現在では合計で116のプリセットがダウンロード可能です。

スキンは4つダウンロード可能です。

 
中々良いスキンで、使いたくなります。
個人的には得にTheme03がそそられます。

Shem_Theme01

Shemsu_Theme02

Shemsu_Theme03

Studio Theme 1 1

Dead Duck Deducktionの無料プリセットとスキンの追加方法

追加方法は簡単です。

メニューから「Settings」->「Open Home Folder」をクリックすると「Presets」と「Themes」のフォルダが表示されますので、ダウンロードしたプリセットは「Presets」フォルダの中に入れ、スキンは「Themes」の中に入れます。

それだけで、認識するようになります。

スキンを追加した状態

プリセットを追加した状態

【2019年版】海外のサイトで人気がある無料のソフトシンセ【Dead Duck Deducktion】まとめ

無料でこのクオリティは流石人気があるだけあります。

使い易いしインターフェイスがシンプルでほんとシンセをある程度触った事ある人は直感で思い通りに操作出来るので楽です。

DeadDuckSoftwareでは無料でシンセとエフェクトを配布していますので、気に入った方はこちらもチェックしてみて下さい。

コメント