【無料】VitalをNI製品で簡単に使えるようにするNKSに対応させる方法

プラグイン
スポンサーリンク

【無料】VitalをNI製品で簡単に使えるようにするNKSに対応させる方法

VitalをMaschineやKompleteKontrol等で簡単に呼び出せるようにするNKSに対応させる方法です。

Nativeinstruments社の掲示板で有志で作られたNKSファイルがアップされています。

 

NKSに対応させる手順

上記のリンクから遷移し、NKSに対応させる為のファイルをダウンロードします。

スレッドの以下の箇所からドロップボックスに飛べます。

ドロップボックスのリンク先に遷移すると以下の様に表示されます。

右上のダウンロードをクリックします。

ダウンロードしたら解凍します。

解凍して出てきたフォルダをそれぞれ以下のフォルダに入れます。

NI Resources

「NI Resources」フォルダの中身全てをコピーします。

以下のフォルダに入れます。

Windows: C:\Users\Public\Documents\NI Resources\
MAC: /Users/Shared/NI Resources/

 

User Content

「User Content」フォルダの中身を以下のフォルダに入れます。

場所を変えている場合は変えた場所を指定します。

WIN: C:\Users\[USER]\Documents\Native Instruments\User Content
MAC: Users/[USER]/Documents/Native Instruments/User Content

 

なお「User Content」の中に入っている「Vital Free Pack NKS and previews.zip」は解凍しておきます。

 

Maschineから使う場合

Maschineを起動し、「File」->「Preferences」->「Library」を開きます。

「User」をクリックし、「Rescan」をクリックします。

Maschineのブラウザから「Instruments」をクリックし、「ユーザ」アイコンをクリックします。

「All Instruments」に「Vital」が表示されていれば完了です。

 

KompleteKontrolから使う場合

KompleteKontrolを起動し、「edit」->「Preferences」->「Library」を開きます。

「User」をクリックし、「Rescan」をクリックします。

ブラウザから「Instruments」をクリックし、「ユーザ」アイコンをクリックします。

「All Instruments」に「Vital」が表示されていれば完了です。

【無料】VitalをNI製品で簡単に使えるようにするNKSに対応させる方法まとめ

最近全くと言って良いほどMaschineを使って無いんです。(ブログのサブタイトルに入っているくせに・・・)

と言うのも、親指の関節を痛めてしまい、親指でパッドを叩けなくなってしまったんですねー(皆様も関節はご注意下さい)

あとプラグインの数が増えたらスキャンに時間掛かり過ぎでちょっとうんざりしてます。

 

コメント