PreSonus Fat Channel XTのアクティベーション方法を解説

プラグイン
スポンサーリンク

PreSonus Fat Channel XTのアクティベーション方法を解説

今月のPluginBouteqeでの購入特典PreSonus Fat Channel XTのアクティベーション方法が少し面倒だったので記事に書いときます。

購入特典については以下の記事で書いています。

 

PreSonusアカウントの作成

まずPreSonusのアカウントをお持ちで無い場合は作る必要があります。

PreSonusのアカウントをお持ちの方はアカウントにログインします。

以下のリンクよりPreSonusに遷移します。

 

「Create Account」をクリックします。

必要事項を入力し、下図赤枠2か所にチェックをします。(必須)

全て入力が終わったら「Save」をクリックします。

以下の様な画面が出ますので、「Go To My.PreSonus」をクリック

PreSonus Fat Channel XTの登録

右側の「Register A Product」をクリックします。

「Enter a product key」にMy Accountに表示されている「Serial Number」をコピペします。

「Serial Number」は赤枠部分です。

これで「PreSonus Fat Channel XT」の登録は完了です。

PreSonus Fat Channel XTのインストール

多分日本語表示になっているはずですが、もし英語で表示されている場合は右上の「English」をクリックして「日本語」を選択すれば日本語表示になります。

右下の「最近の購入」に「Fat Channel XT」が表示されていると思いますので、クリックします。

ちょっと判り辛いのですが、「PreSonus Hub」というポータルアプリを使ってインストールする必要があります。

ですからまず「PreSonus Hub」をダウンロードします。

「ダウンロード PreSonus Hub」をクリックしてダウンロードします。

ダウンロードが完了したらインストールします。
(全て次で終わるようなインストールです)

スタートメニューから「PreSonus」の「PreSonus Hub」をクリックします。

「PreSonus Hub」が起動するので右上の「Sign in」をクリック

「購入済みアイテム」に「Fat Channel XT」が表示されているので「インストール」をクリック

これで勝手にインストールされます。

「アクティベート」をクリック

また「アクティベート」をクリックすれば完了です。

DAWでスキャンを掛けると「Fat Channel」として認識されます。

PreSonus Fat Channel XTのアクティベーション方法を解説まとめ

結構手間が掛かりますが、プラグインとしては結構使えます。

あとPreSonusさんたまにFat Channelシリーズの中から1つを無料配布する事があります。

しかし「Fat Channel XT」を持っていないとFat Channelシリーズ単体でVST3として使えないのです。

今後も無料配布するかは判りませんが、「Fat Channel XT」を持っていれば準備万端です。

なお以前配布されたのは「Fat Channel The Tube CB」と「Fat Channel Collection」です。

と思ったら「Fat Channel The Tube CB」は今も無料でした。

以前は試してVST3で使えないと判ったので紹介記事を書かなかったのですが、今度からはしっかり書ていきます。

 

コメント