United PluginsのTransmutatorの使い方2

プラグイン
スポンサーリンク

United PluginsのTransmutatorの使い方2

管理人の yosi です。

前回は基本的な使い方をご紹介しました。

今回は実際の使い方例をご紹介します。

まずは以下の2つをご紹介です。

・2つのドラムループを高速でクロスフェードさせる
・同じループの片方をエフェクトで変化させてクロスフェードさせる

2つのドラムループを高速でクロスフェードさせる

これは以下の動画の効果の再現を解説します。

まず2つのドラムンベース系の音源を用意します。

今回ドラムの部分は再現可能な様にLoopcloudの無料素材に差し替えました。

Deep Dark Rollers」というライブラリの無料サンプルで以下の2つです。

IQ_DDR_174_Full_Drum_Loop_01
IQ_DDR_174_Full_Drum_Loop_35

この二つを別のミキサーに入れて「Transmutator」を設定します。

設定の仕方は前回の記事を参考にして下さい。

あとは「Fruity peak controller」を使ってA/Bの切り替えノブを動かします。

設定は以下の通りです。

画像の「SPEED」は「4」に設定しています。

「SHAPE」はランダムも面白い効果が得られます。

あとは「Transmutator」の後ろにGrossBeatTimeShaper 2を置くとこんな感じです。

 

同じループの片方をエフェクトで変化させてクロスフェードさせる

同じループを2つ用意するのはオーディオクリップの左上をクリックして「Make unique」を使うと簡単です。

一応動画も用意しました。

あとは片方にエフェクトを掛けます。

何でも結構かっこよくなるので是非色々試してみて下さい。

以下の動画ではGodfazerDevil-Loc DeluxeDecimort 2TimeShaper 2を掛けてみました。

United PluginsのTransmutatorの使い方2まとめ

かなり面白い効果が簡単に得られます。

もう少しパラメータの変更など出来れば最高なのですが。

この辺はバージョンアップに期待でしょうか。

他にもネタがあるので、もう一回位記事にします。

コメント