SerumFXを使うなら知っておくと便利なこと

プラグイン
スポンサーリンク

SerumFXを使うなら知っておくと便利なこと

SerumFXの記事シリーズかするか悩むのですが、これだけは書いておこうと思います。

 

この記事は以下のフワッとした内容でお送りします。

・SerumのプリセットのLFOは気に入ったら保存しよう
・SerumFXでもプリセットが使える

 

SerumのプリセットのLFOは気に入ったら保存しよう

SerumFXに限らずSerumを使っていく上でコツコツとLFOを保存しておくと、将来自分をほめたくなること間違いなしです。

Serumのプリセットは無料、有料かなりの数があります。

有料でおすすめは今なら断然Total Presets Bundleがかなりお得です。

ダウンロードするのが面倒ですが、それ以外はかなり良いです。

LFOShapeの保存

作り込まれたプリセットだと結構LFOがエディットしてあります。

Serumは素晴らしい事にLFOのパターンを保存して読み込めます。

保存の仕方はフォルダアイコンをクリックして「Save Shape」です。

読み込む時は「User」の中に入っていますので選択するだけです。

とはいえ、フォルダは自由にカスタマイズが可能です。

格納先を開くにはメニューから「Show Serum Presets folder」をクリックします。

開いたフォルダの「LFO Shapes」が該当フォルダです。

「LFO Shapes」の中は自由にカスタマイズ出来、「User」フォルダの中にフォルダを作る事も可能です。

以下の例では「User」の中に「test」フォルダを作り「Shape4」を入れました。

Serumから確認すると以下の様にちゃんと認識しています。

あと実はこのShapeファイルはLFOToolからも読めます。

SerumFXでもプリセットが使える

お気づきの方も多いかと思いますが、プリセットを読み込むとシンセ部分は無視され、エフェクトだけ読み込まれるのです。

自分でエフェクト設定するの面倒という方はとりあえず片っ端からプリセットを流して良さそうなのを探すというのも1つの手段です。

特に結構な量のプリセットを持っているという方は思いがけないエフェクトを見つける事が出来るかもしれません。

あとシンセ部分の読み込みが無い分、プリセットの切り替えがかなりスムーズです。

動画を撮ってみました。

こんな感じも出来ます。

 

かなりインスピレーションを貰えます。

SerumFXを使うなら知っておくと便利なことまとめ

いままで殆どSerumFXを使ってこなかったのがほんと勿体ないと思う位、SerumFX良いですね。

最初の投資は高いですが、その価値は十分にありますね。

ちょっと明日から忙しい日々に突入するので、少しの間軽めの記事が続きます。

コメント