unEarthed Sampling Cinematic Bundleレビュー

DTM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

unEarthed Sampling Cinematic Bundleレビュー

Chillout with Beats の yosi です。

unEarthed Sampling Cinematic Bundleのセール記事は以下を参照してください。

このCinematic Bundleには5つの製品がバンドルされています。

結論から言うとこのバンドルはこの様な人におすすめです。

価格が安いので2つ以上該当するなら買って後悔しないと思います。

逆に全く当てはまらない場合、買わない方が良いです。(かなりマニア向けかと思います)

・シネマやEpic系の音楽を作りたいけどリズム系の音源が少ない
・尺八の音が欲しい
・ストラト系のギター音源を探している
・無線で話しているような音声が欲しい
・「ブレードランナーブルース」の音楽で使われているシンセ音が好き

以下の様な人にはおすすめしません。

・本格的なシネマやEpic系の打楽器音源を探している
・色々な音源を所有している
・尺八の音に全く興味がない

 

Siege Drum

Siege Drum Walkthrough – Epic Medieval Drum Kontakt Instrument

ドラゴンが町を攻撃しているのか、射手隊が城に矢の地獄の火を放っているのか…SIEGE DRUMはあなたの音楽のドラマを助けるためにあなたの作曲兵器庫にあるべきです!

定価が$33.00(バンドル換算だと$5.2、単体で$16)と安いのであまり期待するのは酷です。

良い所
・簡単にそれっぽい音が鳴る
・アルペジエイターで細かい打ち込み不要
・アルペジエイターの速度を細かく変更出来る
悪い所
・殆どベロシティ(強弱)でサンプルが変わらない(レイヤーされていない)
(xtraとある3種は2~5段階でレイヤーされてます)
・楽器のバリエーションは少ない
・GUIのパラメータはおまけ程度

Siege Drumは14のInstrumentsからなります。

簡単なデモを作ってみました。(この手の音楽は作った事ないのでSiege Drum以外はLoopです。)

Siege Drumが良いのはアルペジエイターが打楽器用に作られているので、鍵盤を複数押さえるとこんな感じが簡単に作れます。

アルペジエイターは当然テンポも変えられるので、変拍子でも鳴らせます。

Stealth Wind

Stealth Wind – Cinematic Shakuhachi Phrases and Samples for Kontakt!

Stealth Windは、慎重に選択/録音されたフレーズ(民族的および映画的)と、巧妙にサンプリングされたマルチサンプルスタッカートおよびサステインを使用して、その「James Horner」映画の尺八の雰囲気をキャプチャします。

珍しい尺八です。人によってはこれだけでも買う価値ありです。
(昔ドラムンベースに尺八を入れているアーティストが居たけど1周回ってありなきがする)

良い所
・珍しい尺八のライブラリ
・尺八で作られたプリセットが良い(デモあり)
・良い意味でローファイ感がある
悪い所
・Sustains Dynamicのみ2サンプルのレイヤーでそれ以外はレイヤーは無し
・GUIのパラメータはおまけ程度

Stealth Windは10のInstrumentsからなります。

 

簡単なドラムんベースデモを作ってみました。

尺八以外は全てLoopCloud5からです。ラップ以外は無料サンプルです。
(そしてラップは2Pなので約10円ですw。欲しいのだけ選んで買った方が賢いですね)

一応尺八は他の選択肢を探したのですが、しゃくれてる尺八の音があまり見つかりません。

本格的なのだと「VENTUS ETHNIC WINDS」と言うのがありましたが、価格が約1万円と跳ね上がります。

無料でNoiizShakuhachiというライブラリがありますが、これもしゃくれません。

あとちょっとヒップホップのような感じで使えそうな音があったので作ってみました。LoopCloud5から持ってきたドラムとでエフェクト系ボイスを足しています。

Esper Synth

Esper Synth – Walkthrough – Bladerunner infused leads, pads, and perc for Kontakt 5

エスパーシンセは、「メインタイトル」と「ブレードランナーブルース」にあるブラスのようなリードやパッドなど、ヴァンゲリスの象徴的なブレードランナースコアから聞こえる最も象徴的なサウンドのいくつかを正確に再現しようとしています。

これはかなりマニアックなネタです。もし上記映画音楽が好きな方にはおすすめ出来ます。
ただ、この手のシンセ音に興味が無いとほぼ無価値です。

良い所
・映画「メインタイトル」、「ブレードランナーブルース」のリードやパッドの再現
・Boards of Canadaの様なピッチのゆれが心地よい
悪い所
・バリエーションが少ない(12パッチあるが、Wavは5種類分で設定違い)
・ループ無し(サンプルは約6秒~8秒程度)
・GUIのパラメータはおまけ程度

 

デモ音源

幾つかのプリセットを外部エフェクト無しで鳴らしています。コードで使いる感じなのはこの5種類です。(他は期待しない方がいいです)

Spaceology

Spaceology: Orbital Sound Module – Kontakt Instrument Walkthrough

VOXパッチはリミキサーや宇宙愛好家に最適ですが、楽器パッチは次のSFやホラースコアに適しています!宇宙学のような地球上に他の通信機器はありません!

Spaceology関しては辛口になりますが、制作の意図が全く判りません。

数合わせにしか思えません。

良い所
・「Mission VOX」が無線の音声で唯一使い道あり
悪い所
・「Mission VOX」以外は使い道がない
・「Mission VOX」もWavを直接DAWに読み込んだ方が使い勝手が良い
・GUIのパラメータはおまけ程度

唯一使えるのは「Mission VOX」で英語の無線通信音声が22個マッピングされています。

「Mission VOX」以外は全て以下の様に1つのサンプルのみです。

Spaceologyは13のInstrumentsからなります。

デモ音源

「Mission VOX」にはこんな感じの無線音声が22個マッピングされており、大体1秒から3秒位の長さです。ちょっとしたエフェクト効果として使えそうです。

Hammer-On

Hammer-On – Kontakt Instrument Walkthrough

Hammer-Onテクニックは通常、ノート同士をつなぐために、またはキラーソロのために使用されます。このライブラリでは、きれいに記録されマルチサンプリングされたストラトキャスターで使用および再生される唯一のアーティキュレーションです。

これは以外と良いです。

Kontakt付属のGuitarとは音色が全然違うので、持っておいて良いと思います。

良くも悪くノイズがのってます。ただ最近の傾向としてこういったノイズが好まれると思います。

良い所
・高音が綺麗なストラトの音
・良い感じでノイズがのっている
・34のマルチサンプリングされている
 
悪い所
・ベロシティによるレイヤー変化は無し
・プリセットにKontakt内蔵のエフェクトが使われているが、GUI上から変更不可
 
IR(FLStudio付属)を挟むと良い感じの音になります。IR前と後のデモ音源を用意しました。
ついでに後半はBoss SD-1(旧GUIなし)を挟んで鳴らしています。
 

unEarthed Sampling Cinematic Bundleレビューまとめ

正直適正な定価はバンドルで$50~$60位かと思います。

セール価格が約2800円なので好みの音があったら購入すべきかと思います。

最初にも書きましたが、以下の中から2つ以上該当するなら買って後悔しないと思います。
(尺八ライブラリなら1つで買い)

・シネマやEpic系の音楽を作りたいけどリズム系の音源が少ない
・尺八の音が欲しい
・ストラト系のギター音源を探している
・無線で話しているような音声が欲しい
・「ブレードランナーブルース」の音楽で使われているシンセ音が好き

コメント