LoopmastersからサブスクサービスLoopcloud 5がローンチ

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. LoopmastersからサブスクサービスLoopcloud 5がローンチ
  2. Loopcloud 5の概要
    1. サブスプリクションの種類
  3. 無料の登録方法
  4. Loopcloud 5の使い方
    1. 事前準備
    2. Loopcloudで毎日もらえる無料サンプルの探し方と制限
        1. 2019-08-15 追記
    3. 無料サンプルの探し方
    4. LoopcloudでLoopを探してロードする
    5. Loopcloud上でLoopに編集やエフェクトを施す
    6. 自分のサンプルライブラリを使う方法
  5. Loopcloud Drum とLoopcloud Play
    1. Loopcloud Drum
    2. 追加有料キットの探し方
    3. Loopcloud Play
    4. 追加有料Instrumentの探し方
  6. Q&Aの日本語訳
    1. LoopCloud Q&Aの日本語訳
      1. Loopcloudsサンプルはすべてロイヤリティフリーですか?
      2. ポイントをすべて使い切っていない場合、ロールオーバーしますか? 
      3. Loopcloudと互換性のあるコンピュータープラットフォームと音楽ソフトウェアは何ですか?
      4. 無料のサウンドを取得できますか?
      5. 限定サウンド(exclusive sample)とは何ですか?
      6. サブスクリプションをキャンセルまたはフリーズすると、ポイント、サウンド、およびファイルはどうなりますか?
      7. Loopcloudを複数のマシンで使用できますか?
      8. ハードドライブに障害が発生した場合、すべてが返されますか? 
      9. コンピューターからファイルを削除しても、クラウドに残りますか?
      10. タグは保存されていますか?
      11. 別のコンピューターで編集すると、どこでも変更されますか?
      12. Loopcloud 5とLoopcloud 4の違いは何ですか?
      13. Loopcloud 5での検索はどのように機能しますか?
      14. コンパクトモードはありますか?
      15. Loopcloud Multitrackとは何ですか?
      16. Loopcloudエフェクトとは何ですか?
    2. LoopMastersのQ&Aの日本語訳
      1. Loopcloudプラグインとは何ですか?
      2. Loopcloudを使用するにはインターネット接続が必要ですか?
      3. サンプルはどこに保存されますか?
      4. Loopcloudに独自のサンプルを保存できますか?
      5. pluginboutique.comから購入したサンプルを使用できますか?
      6. ポイントをすべて使い切っていない場合、ロールオーバーしますか?
      7. サブスクリプションをキャンセルまたはフリーズすると、ポイント、サウンド、およびファイルはどうなりますか?
      8. コンピューターからファイルを削除しても、クラウドに残りますか?
      9. 別のコンピューターで編集すると、どこでも変更されますか?

LoopmastersからサブスクサービスLoopcloud 5がローンチ

Chillout with Beats の yosi です。

Loopmastersのサブスク出さないのかな?と思っていましたが、来ました。

英語が判るから解説いらん!という方の為に最初にリンクを貼ってお行きます。

 
日本語が良い!と言う方は読み進めて下さい。
 
無料プランでどこまで出来るか記事にしました。
 
有料プラン(Studio)で出来ることを記事にまとめました。
 
かなり後から追記したので変更履歴を付けました。
 
2019-08-17 Loopcloud Drum,Loopcloud Palyの有料音色追加方法記載
2019-08-16 loopcloudのQ&Aの日本語訳を追加
2019-08-17 loopmastersのQ&Aの日本語訳を追加
とりあえず以下の動画をちょっと見てみて下さい。
全て無料で手に入れられるライブラリです。(1日5つまでOK)
 
 

Loopcloud 5の概要

Loopcloud 5のポイントは以下の通りです。

はっきり言って無料でもかなり使えます。

・2つの新しいプラグインインストゥルメント(Loopcloud Drum、Loopcloud Play)
・オンボードエフェクト(有料のみ)
・マルチトラック操作(無料は2つまで)
・毎日無料サンプルが貰える(無料は5つまで)
・独自のサンプル用ストレージ(無料は無し)
・Webベースバージョンは近日リリース予定
・毎月または年間のサブスクリプション
 
 
Loopcloud 5 – Everything is possible
Getting Started – Loopcloud 5 Tutorial
Loop Editor – Loopcloud 5 Tutorial

サブスプリクションの種類

 

サブスプリクションタイプは全部で4種類あります。

赤枠のそれぞれの意味の詳細を記載します。

Credits:Loopcloudサブスクリプションを使用すると、毎月アカウントにいくつかのクレジットが追加されます。これらは、サウンド、プリセット、プラグインの拡張に費やすことができます。コレクションを増やして、インスピレーションを感じてください。

Version:Loopcloud Freeには優れた機能が豊富にあります。ただし、Proユーザーは、エフェクト、ピッチ機能、パターンの保存、複数のトラックなどを使用できます。

FX:Loopcloud Proには、重要な効果の範囲が拡大しています。これらにより、独自の方法でサウンドとループを自由に形作ることができます。

Multitrack:複数のサウンドを一度にプレビューして、その場でアレンジを作成します。さらに、DAWに何かをコミットする前にすべてを行うことができます。

Storage:独自のサンプルを追加して、クラウドに保存します。 Loopcloudを使用すると、どこからでもライブラリにアクセスできます。

Machine Limit:どこからでも作成できる自由。完全なLoopcloudアカウントは、複数のマシン間で同期できます。

Free Sounds /Day:家で毎日の音を楽しんでください。古いものでも新しいものでも、10,000を超えるファイルのライブラリから-あなたがカバーしています。

Exclusive Sounds:さまざまなサウンドとタイトルへのアクセスを購読します。 Loopcloudエリート専用に作成されたすべて。

Plugin Suite:独自のプラグイン拡張パックへの排他的アクセス。トップレーベルとアーティストからのすべて。

Top Up Credits:すべてのポイントを使い果たしましたか?心配しないで。特定の加入者は、追加のポイントとストレージレベルを利用できます。

Loopmasters.com Purchases:Loopmasters.comからの購入はすべて、Loopcloudアカウントに自動的に表示されます。

Your Sounds:サンプルを追加すると、サンプルに自動的にタグが付けられます。 Loopcloudを使用すると、サウンドを再発見できます。

無料の登録方法

無料で試せるので試して損は無いと思います。

無料で出来ない事が明確になってきたので、書き出しておきます。

・エフェクトの編集、追加
・プリセットの保存(新規、変更)
・Loopcloud Drumは標準の10kit以外の利用
・Loopcloud Playは107 Instruments以外の利用
・自分のライブラリをクラウドに保存

 

使ってみましたが、これはヤバいレベルです。(どうヤバいのか詳細はしっかり解説します)

無料でもかなりの事が出来ます。

そして登録は早い方が良いです。(毎日5つまで無料サンプルを取得出来ます)

既にLoopMastersのアカウントを持っている場合はアプリをダウンロードしてインストールすると直ぐ使えます。

アカウントを持っていない方はアカウントの作成手順を作成しましたのでこちらを参照してください。

オフィシャルサイトからFreeの下にあるダウンロードをクリックするとアプリのダウンロードぺージに遷移します。

該当するOSを選択するとアプリのダウンロードが始まります。(ファイルは22MB程度です)

インストールするとスタンドアロンで勝手に起動します。

アップデートを聞かれた場合は、従ってアップデートしましょう。
ちょっと不安定な感じがします。

Loopcloud 5の使い方

Loopcloud 5のアプリはスタンドアロンで動作します。

DAWとはBridgeの様な感じで連携します。(Rewireに近いです)

ここで解説している事は全て無料バージョンで出来ます。

事前準備

Loopcloud 5を起動します。

DAWを起動し、VSTからLoopcloudを起動します。

これで特に何もしなくても内部で連携してくれます。

Loopcloudで毎日もらえる無料サンプルの探し方と制限

2019-08-15 追記

毎日もらえる無料サンプルについて取得方法と制限が判りましたので、解説します。

公式の情報によると 25,000以上のサウンドから選べるそうです。(現状そんなに無さそうですが)

無料だからと言って適当なサンプルではなく即戦力になるサンプルが大量です。

無料ユーザでも毎日5つまで無料でサンプルを取得する事が出来ます。

無料サンプルの探し方

検索窓に「free」と入力します。

以下の様に「ADDITIONAL」に「Free」タグが出てきますので、クリックします。

このままだとかなりの数が検索結果に出るので、自分が欲しいジャンルや楽器で絞ると良いです。(検索だけでもかなりの時間が掛かります)

DubStepに絞っても260も無料サンプルがありました。

欲しいサンプルが見つかったら、右側の「Free」をクリックすると雲マークになり、自分のアカウントに追加されます。

 

LoopcloudでLoopを探してロードする

まず「INSTRUMENT」から「BASS」を選んで「GENRES」から「DubStep」を選びます。

これでDubStepのBassが検索結果に表示されますので、選択してプレビューします。

VSTと連携している為、勝手にBPMは合います。

ここまでを動画に撮りました。

Loopcloud上でLoopに編集やエフェクトを施す

これがほんと凄いです。カット&ペーストリバースまでもこの画面で出来ます。

プリセットだけで殆どのこと出来ます。とりあえず動画を見て下さい。(ちょっと長めです)

 

1つのループからパターンが幾らでも作れます。

あとはドラッグアンドドロップでDAWに持っていけます。

自分のサンプルライブラリを使う方法

画面右上の「Add Samples…」をクリックします。

ブラウザが起動してフォルダを指定できますので、自分のサンプルライブライが保存してあるフォルダを指定します。

凄い事に自分のライブラリもしっかりアナライズしてくれます。

結構時間が掛かるのでファイル数が多い場合は要注意です。(寝る前とかにやると良いです)

 

Loopcloud Drum とLoopcloud Play

この二つのプラグインは別途ダウンロードが必要です。

無料でこの二つも使えます。(無料ライブラリ分のみ)

インストールすると普通のプラグイン(VSTi)として認識します。

チュートリアル動画もあります。

Loopcloud Drum

DRUM Plugin – Loopcloud 5 Tutorial

Loopcloud Drumはよくある16パッドにサンプルが割り当てられているドラムサンプラーです。

とても判り易く流行の音をしっかり取り入れている所が流石です。

特長は以下の通りです。

特長
・判り易いインターフェイル
・10 DrumKit(無料版で10のキット全て利用可能)
・プリセットのみ(自分のサンプルのインポートは不可)
・16パッド
・32Stepシーケンサ内蔵(Roll機能付き)
・ミキサー内蔵
・16全て個別にチョークグルーブやセンド設定が可能
・Swing搭載

違いはキットが随時更新されるので、好みのキットを簡単に追加可能という点でしょうか。

以下の部分なんですが、Roll機能が簡単で良いです。

簡単に動かした感じを動画にしました。

10個のKitを切り替えてみました。

どれも良い感じの音です。

 

追加有料キットの探し方

8月17日現在無料キットは付属以外はありません。

探し方は「FORMTS」から「Loopcloud Drum」を選ぶだけです。

132キットあります。価格は3キットが同梱されて60pです。

1番安いArtistプランで換算しても1キット大体160円位です。(3キット同梱なので合計500円位)

 

Loopcloud Play

PLAY Plugin – Loopcloud 5 Tutorial

特長は以下の通りです。

・107のInstruments(無料版で107全て利用可能)
・ジャンルやタグで検索できる
・シンプルなGUI

これは正直イマイチです。

まずGUIが無駄に大きいです。こんなおっさの顔アップは流石に要らないです。

次にコントロール出来る部分が圧倒的に少ないです。

モノとポリの変更も出来ませんし、Drumと違ってパターンが付属する訳でもなく優位性は感じません。

上の4つのノブはプリセットによって変わります。

他の4つは固定です。

唯一良いのはジャンルやタグで検索を掛けられる所でしょうか。

Instrumentsを変えながら動画を撮りました。
(どう考えてもおっさんの顔は要らないですね)

追加有料Instrumentの探し方

8月17日現在無料は付属以外はありません。

探し方は「FORMTS」から「Loopcloud PLAY」を選ぶだけです。

390あります。価格は10個が同梱されて40pです。

正直あまり魅力を感じません。

Q&Aの日本語訳

LoopCloudとLoopMasterの両方にQ&Aがあり、一部重複しているものの情報量が異なる為、重複を除いてまとめました。

LoopCloud Q&Aの日本語訳

Frequently Asked Questions」に結構重要な事が書かれていたので、日本語訳を記載しておきます。

基本Google翻訳なので契約などで間違っていても補償は出来ませんのでご了承下さい。
契約関連については必ずオリジナルを確認して下さい。

Loopcloudsサンプルはすべてロイヤリティフリーですか?

はい。 Loopcloudからダウンロードするサンプルごとに、ロイヤリティフリーの完全なライセンスが付与されます。ポイント付きで、または無料の割り当てを通じて購入したサンプルは、一生使用できます。クリックしてライセンス条項全文をご覧ください。
 

ポイントをすべて使い切っていない場合、ロールオーバーしますか? 

はい、サブスクリプションがアクティブである限り、ポイントの有効期限が切れることはありません。アカウントをキャンセルした場合、またはサブスクリプションが失効した場合、ポイントは180日間凍結され、その期間内に戻った場合、アカウントに再び追加され、それ以外の場合は失効します。
 

Loopcloudと互換性のあるコンピュータープラットフォームと音楽ソフトウェアは何ですか?

LoopcloudはMacおよびPC用です。ソフトウェアは、スタンドアロンモードまたはVSTブリッジ経由で動作します。これは、Ableton Live、Apple Logic、Steinberg Cubase、Propellerheads Reason、Fruity Loops、およびその他のVST互換製品など、VSTをサポートする音楽ソフトウェアに直接接続します。
 

無料のサウンドを取得できますか?

Loopcloudで無料のサウンドにアクセスする方法を変更し、さらに改善しました!最新のパックからのみサウンドを取得するのではなく、Loopcloudで利用可能なほぼすべてのパックの無料サンプルにアクセスできるようになりました。合計で25,000を超えるサウンドがあり、毎日増加しています。好きなパックを見つけて、製品ヘッダーの「無料」タグをクリックしてそのパックの無料サウンドを表示するか、検索ボックスに「無料」と入力して、よりカスタマイズされたリストを取得します。無料ユーザーには年間1,825の無料サウンドが提供され、Proユーザーには18,250のサウンドが提供されます。サブスクリプションレベルごとの1日の制限の詳細については、価格のページをご覧ください。
 

限定サウンド(exclusive sample)とは何ですか?

私たちは、トップラベルやアーティストと協力して、排他的なサンプルパック、サウンド、エクスパンションの幅広いセレクションをLoopcloudに提供しています。これらの製品は、Loopmasters.comでさえ他のどこでも利用できません。ユニークなものにアクセスしたい場合は、検索ボックスで排他的なフィルタータグを使用するか、ホームページから排他的なパックを参照します。
 

サブスクリプションをキャンセルまたはフリーズすると、ポイント、サウンド、およびファイルはどうなりますか?

LoopcloudまたはLoopmasters内​​で購入したサンプルは、永久に残ります。無料版のアプリとウェブサイトからサンプルにアクセスできます。定期購入を解約すると、Googleに保存したコンテンツは最大90日間クラウドに保存され、それ以降は保存したファイルが削除される場合があります。ポイントは最大180日間凍結されます。その期間に戻った場合、再び利用可能になり、有効期限が切れる30日前にメールでお知らせします。Loopcloudサブスクリプションに戻ることを願っています。
必要に応じてアップグレードまたはダウングレードできますか? -アカウントはいつでもアップグレード/ダウングレードできます。 StudioおよびProfessionalのサブスクリプションレベルでは、要件の増加に応じてストレージレベルを追加できます。また、ポイント/データがなくなった場合にポイントバランスを補充できます。
 

Loopcloudを複数のマシンで使用できますか?

はい。サブスクリプションレベルで許可されている数のコンピューターで使用できます。4台のコンピューターを含むProfessionalレベルを選択しない限り、現在は2台のコンピューターです。
Loopcloudの無料版の制限は何ですか? -Loopcloudの無料版には、有料版と同じ優れた機能の多くがまだあります。 Loopmastersからのすべての購入に加えて、独自のコレクションからの追加のサウンドを追加してタグを付けることができます。無料版には8つではなく2つのトラックが含まれており、エフェクトの調整や、毎月のポイントでサンプルを個別に検索およびダウンロードする機能は含まれていません。編集されたリージョンを売り込んだり、VSTインストゥルメントのLoopcloud Pluginスイートのコンテンツの範囲を拡大したりすることはできません。
 

ハードドライブに障害が発生した場合、すべてが返されますか? 

データはより安全に複製されます。一度に複数のコピーが失われることはほとんどありませんが、保証はできません。データをLoopcloudにアップロードすると、サンプルライブラリを複製できます。クラウドライブラリに保存されているサンプルはすべて利用できます-弊社の契約条件、およびLoopmastersで以前に購入したすべての製品の場合、ローカルファイルは複製しないと危険にさらされます。
 

コンピューターからファイルを削除しても、クラウドに残りますか?

Cloud Storageフォルダーにコピーした場合は、はい。また、Loopmasters.comから行った購入は、常にLoopcloudアカウントに残ります。このシナリオでは、ローカルでタグ付けしてクラウドストレージに追加していないファイルのみが失われるリスクがあります。
Loopcloudはプライベートで安全ですか? -データは安全なプロトコルを使用して渡され、最新の技術とセキュリティ対策を使用して安全なAmazonサーバーにバックアップされます。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
 

タグは保存されていますか?

はい、同じアカウントに接続されている他のマシンに複製されます。
 

別のコンピューターで編集すると、どこでも変更されますか?

Loopcloudストレージはネットワークドライブのように機能します。タグを変更したり、保存するファイルを変更すると、すべてのコンピューターで更新されます。ただし、ストレージ内のファイルの内容を_編集_すると、ダウンロードしたファイルのローカルコピーを編集することになり、変更したファイルをストレージに再度追加しない限り、これらの変更は他のコンピューターに自動的に反映されません。
 

Loopcloud 5とLoopcloud 4の違いは何ですか?

検索が改善され、マルチトラック編集、Loopcloudインストゥルメント、クラウドストレージ、まったく新しいユーザーインターフェイス、オーディオエフェクトなどが追加されました。高度な機能と月間ポイントのサブスクリプションモデルもあります。新しいインスピレーションは、アプリから直接検索できる無料のサウンドの膨大なカタログに置き換えられました。これは、サブスクリプションレベルで増加するが、無料のユーザーが1日あたり5を取得できる制限付きでダウンロードできます。詳細については、www.Loopcloud.comを参照してください。
 

Loopcloud 5での検索はどのように機能しますか?

どこからでも検索すると、ストアとライブラリの両方のグローバル検索が実行されます。また、200のストア結果とユーザーライブラリの結果をインターリーブする前に、できるだけ早く開始できるように、いくつかの結果を示します。新しい「フィルターツールバー」を使用して、ストアまたはユーザーライブラリのみを検索できます。店舗だけを検索すると、200ストアではなく1000ストアの検索結果が得られます。filterフィルターツールバーには、デフォルトですべての非音声コンテンツ(サンプラーパッチなど)を除外する[音声]ボタンもあります。検索では、写真と波形を含む巨大でゴージャスな行が表示されるようになりました(人気のリクエストです!)。フィルターツールバーの右側にあるボタンをクリックすると、画面に結果が表示された小さな行に戻ることができます。検索ボックスで、オートコンプリートを使用してタグを追加できるようになりました。必要に応じて、マウスを使用せずにキーボードを使用して完全に検索できます。数字を入力すると、bpm検索オプションも自動補完されます。
 
 

コンパクトモードはありますか?

アプリを狭くすると、「コンパクトモード」に切り替わり、DAWと並行して実行されるウィンドウサイズで情報のセットが減少します。環境設定で最前面モードをオンにしたり、画面の端にドラッグして画面の端にスナップしたりできます。
 

Loopcloud Multitrackとは何ですか?

マルチトラックは超クールです。主に2つの方法で使用できます。
-ループで使用する1つを決める前のループまたは1つのショットのショートリストとして。
-複数のサウンドを組み合わせた新しいループを作成するためのサウンドデザインツールとして。サブスクライバーとして、一度に8つのトラックを使用できます(エンジンはより多くのトラックをサポートしますが、8が適切であり、ユーザーインターフェイスが乱雑になるのを防ぐ必要があります)。無料のユーザーは2つのトラックを取得します。 Loopcloudの以前のバージョンと同様に、サウンドを(時間とキーで)プレビューするために使用できます。ただし、サウンドの並べ替え、新しいサウンドの作成、必要なオーディオのサブセクションのみのプレビュー、編集したサウンドのエクスポートなどもできます。
 

Loopcloudエフェクトとは何ですか?

ループをロードしてFX EDITをクリックし、エフェクトを追加します。リージョンまたはすべてのオーディオが必要な場合は、モジュレーションを使用します。 DAWオートメーションとEffectrixの中間です。今後数か月でさらに多くのエフェクトが追加されますが、現在のビルドには6つあります。

 

LoopMastersのQ&Aの日本語訳

Loopcloud FAQs」にも結構重要な事が書かれていたので、日本語訳を記載しておきます。

こちらも基本Google翻訳なので契約などで間違っていても補償は出来ませんのでご了承下さい。
契約関連については必ずオリジナルを確認して下さい。

Loopcloudプラグインとは何ですか?

Loopcloudプラグインは、Loopcloud DrumとLoopcloud Playです。幅広く多様なサウンドライブラリと、音楽に最適なサウンドを提供するための機能セットを備えたドラムシーケンサーとサンプルプレーヤー。

Loopcloudを使用するにはインターネット接続が必要ですか?

Loopcloudはクラウドサーバーからオーディオファイルをストリーミングします。つまり、Loopcloudとストアを使用するには、インターネットに接続する必要があります。
圧縮されたオーディオをストリーミングしますが、それでもプレビューには十分な品質です。プレビューを聞く速度は、ファイルのサイズとインターネット速度によって異なります。 10 mbpsを超える場合、ほとんどのタスクで問題ありません。もちろん、インターネットが高速になるほど、ループクラウドは速くなります。

ファイルをコンピューターにダウンロードするということは、HDDでファイルを完全に取得することを意味します(44.1 kHz、24bit wavなど)。プレビューはすぐに高品質になり、オフラインでも機能します。

サンプルはどこに保存されますか?

LoopmastersおよびLoopcloudストアから購入したサンプルはすべて、クラウドサーバーにあります。必要なときにいつでも、1つ、いくつか、またはすべてをコンピューターにダウンロードできます。

ファイルは次の場所に保存されます。

Mac:Mac HD> [ユーザー名]>ライブラリ> Loopcloud>ライブラリ
Windows:C:> Loopcloud
サブスクリプションのレベルに応じたLoopcloud Cloud Storage

Loopcloudに独自のサンプルを保存できますか?

はい!独自のサンプルをインポートすると、Loopcloudは自動的にキー、BPM、機器、タイプにタグを付けます。

pluginboutique.comから購入したサンプルを使用できますか?

いいえ、この機能はまだ利用できませんが、現在取り組んでいます。

ポイントをすべて使い切っていない場合、ロールオーバーしますか?

はい。サブスクリプションがアクティブである限り、ポイントの有効期限は切れず、ロールオーバーされません。アカウントをキャンセルした場合、またはサブスクリプションが失効した場合、ポイントは180日間凍結され、その期間内に戻った場合はアカウントに追加され、それ以外の場合は失効します。

サブスクリプションをキャンセルまたはフリーズすると、ポイント、サウンド、およびファイルはどうなりますか?

LoopcloudまたはLoopmasters内​​で購入したサンプルは、永久に残ります。無料版のアプリとウェブサイトからサンプルにアクセスできます。定期購入を解約すると、Googleに保存したコンテンツは最大90日間クラウドに保存され、それ以降は保存したファイルが削除される場合があります。ポイントは最大180日間凍結されます。その期間に戻った場合、再び利用可能になり、有効期限が切れる30日前にメールでお知らせします。Loopcloudサブスクリプションに戻ることを願っています。

コンピューターからファイルを削除しても、クラウドに残りますか?

Cloud Storageフォルダーにコピーした場合は、はい。また、Loopmasters.comから行った購入は、常にLoopcloudアカウントに残ります。このシナリオでは、ローカルでタグ付けしてクラウドストレージに追加していないファイルのみが失われるリスクがあります。

 

別のコンピューターで編集すると、どこでも変更されますか?

Loopcloudストレージは、ネットワークドライブのように機能します。タグを変更したり、保存するファイルを変更すると、すべてのコンピューターで更新されます。ただし、ストレージ内のファイルの内容を_編集_すると、ダウンロードしたファイルのローカルコピーを編集することになり、変更したファイルをストレージに再度追加しない限り、これらの変更は他のコンピューターに自動的に反映されません。

 

コメント

  1. aka より:

    コメント失礼いたします。

    Free Sounds/Dayって、
    いままでのNEW INSPIRATIONが廃止されて、
    FREE版だと、毎日5サンプルずつもらえるってことですかね?

    いまいち説明がよくわからないですよね。

    • yosi より:

      コメントありがとうございます。
      確かにどうなんだろうと調べてみました。
      検索窓のfreeと入れると無料でダウンロード出来るサンプルが出てきます。
      これが1日5つまでという事のようです。このリミットはGMTの夜中にリセットされるそうです。
      この辺の情報も追記しておきますね。

  2. aka より:

    お返事ありがとうございます。

    そのようですね。
    自分も試してみたのですが、すでにNEW INSPIRATIONのライブラリに追加されているものでも、追加済みと認識されないで表示されているみたいですね。

    そのサンプルをライブラリに追加すると二重にライブラリに存在することになってしまうようです。

    ここらへん、最適化してほしいですね。

    • yosi より:

      色々情報ありがとうございます。
      NEW INSPIRATIONについては入れ替えのようですね。
      https://www.loopcloud.com/cloud/faq

      >そのサンプルをライブラリに追加すると二重にライブラリに存在することになってしまうようです。
      なるほど、この辺は課題でしょうね。

  3. borock より:

    初めまして、質問させていただきます。drum プラグインですが、手持ちのサンプルをパッドにアサインすることはできるのでしょうか?できるのでしたらそのやり方を教えていただけますでしょうか?

    • yosi より:

      初めまして。
      質問ありがとうございます。
      確かに疑問に感じますよね。
      drumプラグインは完全にプリセット用かと思います。
      試しにサンプルをドラッグしてみましたが、全く反応せずです。
      Kitを増やす場合、Loudcloudで購入となり、
      Loopcloudの「format」に「Loopcould Drum」があるので、ここから検索できます。(132kitありました)
      3つkitがセットになったパックが60pで販売されています。

  4. ヒッキー より:

    こんにちは。
    新しいGUIが違和感アリアリで使いにくいというのが正直なところです。
    見た目をver4のような黒にしたり、ver4のようにフォルダをずらっと並べてそこから選ぶという方法は出来るんでしょうか?

    • yosi より:

      こんにちは。
      ver4を使っていなかったので、ちょっと判りませんが、画面上部の「Your Library」をクリックするとフォルダ表示になります。
      スキンは変える機能はありますが、現状殆ど変わりません。多分今後増えると思います。
      右上の「Preferences」に「Colour scheme」がありここから変更出来ます。

  5. yuki81 より:

    はじめまして、質問させて下さい。
    Loopcloud Drumですが、DAWの中での使い方がよく分かりません。
    スタンドアロンではないのでVSTインストゥルメントとしてトラックを追加して使うのは分かるのですが、MIDIコントロールも無いようですし、Loopcloudのようにオーディオファイルとしてドラッグするのでもないようです。
    テンポはDAWと自動で同期しますが2パターン最大4小節のループがスタートからストップまで鳴り続けるので、どうコントロールすればいいのでしょうか?
    電源ボタンのオンオフでの動作は理解してますが、例えば途中から鳴らしたい場合や決まった小節分鳴らしたい場合等です。
    何をトリガーにして音が出たり止まったりするのか?オートメーションでコントロールするのか?
    ご教示頂けるとありがたいです。

    • yosi より:

      初めまして。
      パターンのコントロールは出来ないかと思います。
      FLStudioだとC3(他のDAWだとC1?だと思います)でバスドラがなりますので、自分で打ち込む使い方になると思います。
      パターン自体は左下のボタンでON,OFF出来ます。
      詳しく確認してまた返信しますので、少しお時間下さい。

      • yuki81 より:

        ご返信ありがとうございます。
        パターンコントロールは出来ない模様、ピアノロールからでも音は出せる件
        情報ありがとうございます。
        自分が想定しているのは、曲中において任意の場所の間だけLoopcloudDrumを鳴らしたい時や、もしくはLINKをOFFにすれば最小1小節のパターンが作れますので例えばメインのリズムはいわゆるドラム音源に任せ、曲中でアクセント的にワンショット使いたい時などです。
        お手数をおかけしてして申し訳ありませんが、何か良案があればよろしくお願いいたします。

        • yosi より:

          以下の動画を見直してみましたが、やはりお伝えした方法以外は使い道が無いかと思います。
          https://youtu.be/Oh_BUDVFxwg

          自分が想定しているのは、曲中において任意の場所の間だけLoopcloudDrumを鳴らしたい時や、もしくはLINKをOFFにすれば最小1小節のパターンが作れますので例えばメインのリズムはいわゆるドラム音源に任せ、曲中でアクセント的にワンショット使いたい時などです。

          マスターボリュームはオートメーションが可能なので、使いたい所で鳴らすという事は出来るのと、
          あとはそれぞれのPadに対するMuteもオートメーション可能なので、抜き差しも可能かと思います。