Loopcloud 5の有料プランじゃないと出来いこと

DTM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Loopcloud 5の有料プランじゃないと出来いこと

Chillout with Beats の yosi です。

無料プランで出来る事は以下の記事に書きました。無料がいい!という方以下の記事を参考にして下さい。

ただ、有料プランはどうなの?という事で1ヵ月無料トライアルがあるStudioプランに契約してみました。

結論から言うと無料トライアルは試すべきです。(30日以内に解約すれば料金掛からず)

理由は以下の1つです。

・無料トライアル期間に取得したサンプルは解約しても使える
(300p分のサンプルと600個の無料サンプル(20個*30日))
クオリティの高いサンプルを自分で選んで貰えるのでかなりお得です。その後解約するかどうかは自分で判断すれば良いでしょう。
 
以下の動画で流れるサンプルは全て無料サンプルです。
 
 
その他の細かいポイントは以下で書いていきます。

現状確認が取れているStudioプランの特長は以下の通りです。

・価格:¥1,395 /月
・クレジット:300p/月
・マルチトラック:8トラック
・FXの編集、保存が可能
・プリセットの保存が可能
・クラウドストレージ:50GB
・無料サンプル:20個/日
・その他:
  – Loopcould以外では販売されていない限定サンプルを購入可能(Exclusive Sounds)
  – 無料サンプルや購入したサンプルは契約終了後も永遠に残る
  – 無料トライアルのキャンセルはいつでも可能

Loopcloud 5の有料プランじゃないと出来いことを細かく見ていきます。

8マルチトラック

個人的には8トラック無くても良いけど4つはあった方が良いという感じです。

理由はドラムをLoopcouldで構築するのに4あるとキック、スネア、ハイハット+αで使えるからです。

ドラムを構築する場合、2つだと足りないですが、8トラックあれば飛び道具的な音も含め自由に作る事が出来ます。(正直ワンショット系の音って今まで使い道困ってたんですよね)

以下の動画はキック、スネア、ハイハットのワンショットを読み込んだ状態からプリセットでループにしています。

 

FXの編集、保存が可能

まずこのFXは今は以下の6種類だけですが、今後数ヵ月以内に増えるそうです。

オートメーション全てに言える事ですが、LFOが使える為、テンポに合わせた動きを簡単に作る事が出来ます。

1つ1つみると大した事が出来ないような気がしますが、プリセットと組み合わせるとかなり色々な事が出来ます。

 

Delay

基本的には普通のディレイと変わりませんが、特長としてはオートメーションでTimeを遡ると逆再生が出来ます。

オートメーション可能なパラメータは「Time」「Feedback」「MIX」の3つです。

その他オートメーションの長さも自由に変更可能です。

 

Filter

至って普通のフィルターです。Poleの設定等出来ないので少し物足りない感じです。

オートメーション出来るのは「CUTOFF」のみです。

Panner

これも特に他の特筆すべき点はないです。

オートメーション可能なのは「Position」のみです。

Reverb

これも特に他の特筆すべき点はないです。

オートメーション可能なのは「SIZE」と「MIX」です。

 

STOP REVERSE

これ以外と面白いです。他のプラグインでも出来るのですが、Loopcould上だと狙った所でTapeStopの様な効果を簡単に出来るので、重宝しそうです。

設定出来るパラメータは一切ありません。

動画を見てもらえれば使い方は簡単に判ると思います。

範囲で効果を調整出来る簡単な仕様です。

VINYL STOP

「STOP REVERSE」と殆ど同じですが、ストップするスピードを調整出来ます。

オートメーション出来るパラメータはありません。

 

プリセットの保存が可能

やはりLoudCloudの強みはプリセットにあると思います。
(プリセットとエフェクトを組み合わせるとバリエーションんがかなり広がります)

1回作ったプリセットは他のサンプルに適用しても大体面白い結果が得られます。
作ったプリセットが次に活かせるのでシンセのプリセットより汎用性が高いです。

早速幾つか作ってみましたが、ドラムネタは色々作っておけばパーツの差し替えが簡単に出来るのと、スネアロールの様なパターンは用意しておくと楽です。

以下の動画ではスネアロールとエレピ用に作ったプリセットでサンプルを変えているだけです。

あとエディット機能のピッチの変更は有料版でしか出来ません。

クラウドストレージ50GB

サウンドコレクション全体をアップロードして、ハードドライブの貴重なスペースを節約します。これらは、Loopmastersカタログと一緒に自動的にタグ付けされます。そして、どのデバイスからでもすべてにアクセスできます。創造性-アイデアがどこにでもある。

PC2台持ちでノートPCの容量が限られている場合は、この機能はうれしいと思います。

ポイントは他で購入したサンプル等をLoudCloud 5から他のサンプル同様に使える点です。

タグでの検索が可能でプレビューは高圧縮版で行う為、使い勝手は良いです。

ただPC1台で外に出さない場合恩恵は無いです。

 

無料サンプル:20個/日

これはほんと嬉しいですね。

解約後も無料で取得したサンプルも使えます。

無料だと5個と物足りないですが、20個は十分です。毎日チェックするのは面倒なので、時間がある時に気になったサンプルをガンガンお気に入りに登録しておくと便利です。

無料サンプルの探し方

検索窓に「free」と入力します。

以下の様に「ADDITIONAL」に「Free」タグが出てきますので、クリックします。

このままだとかなりの数が検索結果に出るので、自分が欲しいジャンルや楽器で絞ると良いです。

 

欲しいサンプルが見つかったら、右側の「Free」をクリックすると雲マークになり、自分のアカウントに追加されます。

 

Loopcould以外では販売されていない限定サンプルを購入可能

Exclusive Soundsというやつですが、Loopcouldを開くと以下のようなPackがあり個の事を指しています。Exclusive SoundsはLoopMastersでは販売されていないそうです。

その為、他の人とサンプルが被る確率が下がるという事ですね。

 

  無料サンプルや購入したサンプルは契約終了後も永遠に残る

ここは重量なので原文も載せておきます。

最初の1文で書かれていますが、「LoopcloudまたはLoopmasters内​​で購入したサンプルは、永久に残ります。」という事です。

What happens to my points, sounds and files if I cancel or freeze my subscription?

Any samples that you have bought within Loopcloud or Loopmasters remain yours forever. You can access your samples via the free version of the app and website. If you cancel your subscription, we’ll keep any content that you’ve stored with us in the cloud for up to 90 days, after that which time your stored files may be deleted. Your points will be frozen for up to 180 days, and if you return in that time they will be available to you once again, we will email you 30 days before they expire, and hope you will return to the Loopcloud subscription.

 

無料トライアルのキャンセルはいつでも可能

キャンセルは簡単にいつでも出来ます。

登録した時と同じページからキャンセル出来ます。

上の「Cancel Subscription」をクリックすると理由を聞かれるページに遷移してキャンセル可能となります。

この辺のシンプルな所は日本の各種サービス見習ってほしいですね。
(と言うより法制度の問題でしょうか)

Loopcloud 5の有料プランじゃないと出来いことまとめ

はっきり言える事はとりあえず有料プランに登録して毎日サンプル20個もらって30日以内に解約すれば良いです。

サンプルを2ヵ月に1回でも購入する人は契約する事をおすすめします。

サンプルパックを購入するより欲しいサンプルだけ選んで購入出来るので満足度が遥かに高いです。

あとプリセットはヤバ過ぎますね。これだけで楽曲のバリエーションが広がります。

 
 

コメント