【無料】ギターペダル系歪みエフェクトThe Domの紹介(Winのみ)

プラグイン
スポンサーリンク

Winのみです。

ShamelessPlugsさんのギターペダル系歪みエフェクトThe Domの紹介です。

ギターペダル系なので、ギターで使う場合はアンプシュミ系のプラグインと組み合わせる必要があります。

以下の動画ではIRON2AMP ROOM(キャビネットのみ使用)で鳴らしています。

最後の方はAMP ROOMオフ>The Domオフ>The Domオン>AMP ROOMオンにしています。

 

概要とダウンロード

概要

The Domは既存のハードウェアのディストーション、オーバードライブペダルやアンプをモデルにしているわけではありませんが(それは私たちShameless Plugs本社のロックンロールとは違うからです)、将来のハードウェアがモデルとする最初のディストーション、オーバードライブ、アンププラグインになることは間違いないでしょう。使用例 そのシンプルさと、適切な数のコントロールを提供することで「選択のパラドックス」を抑えるというShameless Plugsの哲学により、正しいサウンドを呼び出すことは、ほとんど子供の遊びのようなものです。Domは、オーバードライブの役割を果たし、後続のサウンドをサチュレーションに導くことも、よりクリーンなアンプなどの前に置いてディストーションとして使うことも、あるいはアンプの完全な代用品として使うことも可能です。ハイカットフィルターは、リバーブなどに送る前に、あらゆるタイプの歪みから生じる不要なノイズをカットしてサウンドを形成するのに十分です。また、スピーカーキャビネットシミュレーターやインパルスレスポンスローダーを使って、お気に入りのスピーカーキャビネットのインパルスレスポンスを使用して、サウンドを形成することもできます。選択はあなた次第です。The Domをどのようなサウンドに適用するかは、あなたの完璧なセンスにかかっていますが、典型的なソースとしては、エレクトリックギター(The Domはその本来の生息場所を見つけることができます)、ハモンドオルガン、ベースギター(通常は並行して適用し、ベースギター本来の音色とミキシングします)、リードシンセサイザーパートなどがあります。また、ボーカルは、テレフォン効果や雄叫び効果を出すために、フルで処理することができます。

しかし、The Domはもっと繊細に、エキサイターとして働くこともできます。過激なローカット(kHz帯まで)をかけ、ドライブを調整してマイルドなサチュレーションからかなり重いディストーションまで作り出し、その一部をドライシグナルにミックスすることができるのです。この方法は、ボーカル、ブラス、ストリングスなど、ミックスの中でより目立つために輝きと存在感を必要とするものに効果的です。Dom自体は+3.0dB/octaveの上昇スロープを持つ固有のEQカーブを持っているので、-3.0dB/octaveの下降スロープに設定したTilde~Qと組み合わせると、周波数カーブがほとんど(しかし完全ではない)フラットになるのです。Tilde~QをThe Domの後に置くと、そのサチュレーションはよりまろやかになり、逆にTilde~QをThe Domの前に置くと、The Domのよりクランチな部分が強調されます。このThe Dom ⇒ Tilde~Qの組み合わせは、テープサチュレーションのようなもので、個々の音源だけでなく、ミックス全体でも良い音で聴くことができます。The Domのローカットコントロールの設定によっては、テープデバイスにありがちな、低域のわずかなバンプも発生します。ゲインを補正するには、ドライブ値と出力値の合計が少なくとも+3.0dBになるように出力コントロールを設定します。より高いドライブ値とより高いサチュレーションには、通常より過激な補正が必要です。

ダウンロード

上記リンクより遷移し、一番下までスクロールし「Free download(Windows, 64 bit)」をクリックします。

特に何も必要とせずダウンロード出来ます。

インストールはVST3ファイルですので、以下のPathにコピーすればOKです。

C:\Program Files\Common Files\VST3

 

まとめ

開発者さん曰くTilt EQを使って歪み具合をコントロールすると良いそうです。

The Domはもっと繊細に、エキサイターとして働くこともできます。過激なローカット(kHz帯まで)をかけ、ドライブを調整してマイルドなサチュレーションからかなり重いディストーションまで作り出し、その一部をドライシグナルにミックスすることができるのです。この方法は、ボーカル、ブラス、ストリングスなど、ミックスの中でより目立つために輝きと存在感を必要とするものに効果的です。Dom自体は+3.0dB/octaveの上昇スロープを持つ固有のEQカーブを持っているので、-3.0dB/octaveの下降スロープに設定したTilde~Qと組み合わせると、周波数カーブがほとんど(しかし完全ではない)フラットになるのです。

色々な無料のTilt EQが出回っていますので、そちらを使っても良いですし、ShamelessPlugsさんもリリースされていますので、こちらを使っても良いと思います。

 

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました