FLStudio20を無料で使う方法

FL Studio
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

Chillout with Beats の yosi です。

タイトルに嘘偽りはありません。

さっそく見て説明していきます。

本当に無料でFLStudio20使えるの?

FLStudio20は殆どの機能を無制限、無期限で利用できます。

多くの人は知らないと思いますが、FLStudio20のトライアル版の制限は以下の通りです。

Trial limitations

You can SAVE FL STUDIO projects.
REOPENING saved projects is NOT possible.
Some functions that use save/load capability don’t work in the trial. For example, “Clone channel” and the “Save preset as…” menu options.
You can EXPORT to WAV and MP3
The TRIAL allows you to test all features and plugins we create.

他のDAWではありえませんが、プロジェクトの保存やWAV、MP3での書き出しも出来るのです。

出来ないことは保存したプロジェクトを再度開けない事と幾つかの機能で保存や読み込みが出来ない事だけ。

そして保存したプロジェクトも購入すれば開けるようになります。

しかも全てのSynthやEffectも利用可能です。

既にほかのDAWを使っている人はFLStudioで打ち込んでWAVで書き出して他のDAWで読み込むなんて使い方もできます。

個人的におススメSynthはHarmorです。EffectはおなじみGrossBeatです。

GrossBeatの使い方は記事を書いていますので、参考にしてみて下さい。

インストール方法

簡単にインストール方法を記載しておきます。

Windowsを対象として進めます。

ImageLineのダウンロードページへ行きます。

Windowsのリンクをクリックします。

ダウンロードが完了したら、インストーラーをダブルクリックしてインストールします。

基本的に全て「Next」で大丈夫です。
VST版のインストールPathについては既にVSTを使っている場合はそのPathを入れます。
32bit と64bitありますので該当するフォルダを指定します。

簡単にインストール出来ます。

デスクトップに以下の様なアイコンが出来ていますので、ダブルクリックして使い始めましょう。

 

 

まとめ

完全に調べ切れていませんが、トライアルバージョンで無期限、保存したプロジェクトを再度開けない以外の無制限で利用できるDAWはないでしょう。

CubaseProなんてトライアル使うだけなのにUSBキーを必要とします。もうトライアル使う気にもなりません。

とりあえずインストールも簡単で、期限無く、ほぼ全ての機能を使えるのですから、使わない手はないです。

 

コメント