FLStudioのPatcherでDelayのTap数を増やす方法4

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioのPatcherでDelayのTap数を増やす方法4

管理人のyosiです。

DelayのTapを増やす方法ですが、4回目です。

 

・DelayTimeをボタンで実装する

こんな感じになります。

 

 

DelayTimeをボタンで実装する

次はDelay Timeを変更出来るようにしましょう。

Surfaceにノブを置いてもテンポ同期させることが出来ません。

そこでボタンで決め打ちにしてDelay Timeを操作します。

今回片方は「1/4」、「1/8」、「1/16」を用意し、もう片方は「1/4d」、「1/8d」、「1/16d」を用意します。

まずボタンを先ほどと同様に「Control creator」からドラッグしてきます。

大きいと邪魔なので右クリックからサイズを小さくします。

名前を「1/4」、「1/8」、「1/16」、「1/4d」、「1/8d」、「1/16d」で用意します。

こんな感じです。

流れの動画も用意しました。

次に「Fruity formula controller」を使って値をボタンを押した時に出力する値を設定します。

「Fruity formula controller」を追加し、右クリックの「Inputs」->「Parameters」から全て「Activate」します。

次に「Outputs」も「Activate」します。

値を設定していきます。

以下の様な感じで設定したいDelayTimeの値を設定します。

好きな値を設定出来るように一覧表で用意しました。
(値はある程度四捨五入してます)

DelayTime 設定値
1/64 0
1/32 0.0013
1/16 0.0613
1/8 0.1239
1/4 0.249
1/16t 0.0404
1/8t 0.0821
1/4t 0.1656
1/16d 0.0926
1/8d 0.1864
1/4d 0.3742

値の調べ方も一応解説しておきます。

単純に設定した後に値をコピーすればOKです。

動画を用意しました。

あとは「Fruity formula controller」の「a」,「b」,「c」を設定したボタンと接続します。

以下の設定だと「1/4」、「1/8」、「1/16」を「a」,「b」,「c」と接続します。

ラベルを設定しておけば赤丸の上にマウスオーバー(マウスのカーソルを置く)すると左したにヒントとして表示されます。

次に「Time」の上で右クリックから「Activate」をクリック

新たに出来た赤丸と「Fruity formula controller」の「Out」を接続します。

もう片方のDelayも同様にします。

以上で完成です。

FLStudioのPatcherでDelayのTap数を増やす方法4まとめ

思っていたより面白い効果が得られました。

別記事になりますが、次はダッキング機能の解説をしてこうと思います。

コメント

Translate »