FLStudioのおすすめデモプロジェクト1

FL Studio
rawpixel / Pixabay
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

FLStudioのおすすめデモプロジェクト1

Chillout with Beats の yosi です。

FLStudioを使っている人は判ると思いますが、FLStudioをインストールして最初に起動するとデモプロジェクトが開きます。そしてこのデモプロジェクトの出来が良くてかなり勉強になるんです。

そしてこのデモプロジェクト、最初に起動するデモプロジェクト以外に30以上あるんです。

その中から勝手におススメを紹介したいと思います。

デモプロジェクトの場所

まずは場所を説明しておきます。

FLStudioがインストールされているフォルダの中にあります。デフォルトのPathで言うと以下です。インストールする時にPathを変更している場合は異なります。

C:\Program Files (x86)\Image-Line\FL Studio 20\Data\Demo projects\Demo songs

Raquel+Alex+Blake – My body

まず1曲目ですが、「Legacy」フォルダに入ってる「Raquel+Alex+Blake – My body.flp」です。

触りだけ載せておきます。気になった人はFLStudioをダウンロードすればだれでも中身を見る事が出来ます。

この曲はなんと言っても「Granulizer」の使い方が素晴らしいです。

最初聞いた時はどうやっているんだろうと、必死に分析しました。
私がカッコいいと思った所は以下の箇所。

細かくエディットしてあって素晴らしいなぁと思いました。

今聞いても良いですね。

Scott Fisher – Moholithic Filter.flp

2曲目はトランス調の曲です。こちらも「Legacy」フォルダの中です。
FL7の頃のOfficialソングですね。

3X Oscで作られているとは思えない音です。
あとはオートメーションの使い方がすごいです。
トランスの様な曲を作りたい人は必聴ですね。

Youtubeにあったので貼っておきます。

何度も言いますが、体験版でもプロジェクトを開いてどのように作られているか確認できます。

Adam Szabo & Johan Vilborg feat. Johnny Norberg – Knock Me Out.flp

3曲目はプロですね。

キックの音はEQががっつりかかっているので、ともて勉強になります。

試しにEQをOFFにすると一気に間抜けなキックになります。

付属のEQでも使う人が使うと違うのですね。

あとSynthは殆ど付属のSytrus。驚きです。

まとめ

FLStudioの付属プラグインで十分素晴らしい音楽が作れる事が分かります。

何度も言いますが、デモ版でもどうやって作られているのか見て確認することが出来ます。

ダウンロードはこちらから

かなり緻密なエディットを必要とする部分等があるので、そういう所はサードパーティのプラグインで置き換えるというのも手だと思います。

 

 

コメント