Avengerを買ったらやる事1(無料バンクとWaveTableの追加)

DTM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Avengerを買ったらやる事1(無料バンクとWaveTableの追加)

Chillout with Beats管理人 の yosi です。

お恥ずかしい話、Avenger購入してからFactoryバンクのみ使っていました。

色々調べてて気づいたのですが、無料バンクやWaveTableがあるんですねー

ちょっとワンノートでSequencesを再生してみました。

と言う事で私みたいな人がいるかもしれないので記事にしました。

ダウンロード方法もちゃんと解説します。

オフィシャルの追加バンクとWaveTable

全然気づいていなかったのですが、オフィシャルに無料バンクが1つあります。

バンクの内容は以下の通りです。(無知って損ですねー涙目)

 136 Presets / 12 Drumkits/SQs / 21 new Multisamples / 164 new Wavetables 

そして無料の4000WaveForm、80WaveTableがダウンロード可能です。

追加バンクのダウンロード方法

まずオフィシャルにアクセスします。

メニューの「AVENGER ACCOUNT」をクリックします。

ユーザ名とパスワードを入力します。

ログイン後、少しスクロールすると「Synthstruments」が表示されますのでクリックするとダウンロードが始まります。

あとはAvengerのバンクやプリセットが表示されることろにドラッグすればインポートできます。

ドラッグすると以下のように聞かれますので、「OKEY」をクリックします。

あとは「Finish」と表示されますので、クリックすると新しくバンクが登録されます。

いや~うれしいですね。

めちゃ即戦力って感じです。

WaveForm、WaveTableのダウンロード方法

Avengerのダウンロードページにアクセスします。

3つダウンロード出来ますので、全てダウンロードしましょう。

ダウンロードしたらバンクと同様にファイルをAvengerにドラッグアンドドロップします。

この時バージョンによってフォルダが判れていますので、注意です。

またインポートする聞かれますので、「OKEY」をクリックします。

この追加で増えたのはWaveTableは以下の箇所です。

WaveFormは以下の箇所です。

なんと4000もの波形が増えます。

 

Avengerを買ったらやる事1(無料バンクとWaveTableの追加)まとめ

いやーほんと知らないでいたら結構損するレベルの無料コンテンツですね。

次回はオフィシャル以外の無料バンク等を取りあげます。

 

 

スポンサーリンク
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="4">
DTM
yosiをフォローする
Chillout with Beats

コメント