Avengerの使い方 FLStudioでARPやSEQをMIDI出力する方法1

DTM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Avengerの使い方 ARPやSEQをMIDI出力する方法1

Chillout with Beats管理人 の yosi です。

色々調べ事をしていて、AvengerのARPやSEQ出力して他のシンセで鳴らせたら良いのになーなんて思ってやったらあっさり出来ました。(ただ少しだけコツがあります)

Avenger重いので、他のシンセで代用出来る部分は代用した方が良いですからね。

 

Avengerが重いので、シンセ部分は無効にしてパターンジェネレーターとして使うというのもありです。

そして昨日の記事で書きましたが、FLStudioのBurn to MIDI機能を使ってMIDI書き出しして作っていけば、Avengerは一つ起動するだけですみます。

実際に鳴らすのは軽めのSektor SynthSylenth1あたりを使えば結構古いPCでも作り込む事が出来ます。

ますますDTM初心者の方にAvengerをおすすめする理由が増えました。

では早速やり方を解説していきます。

AvengerからのMIDI出力

特に何もしなくても普通のMIDI系プラグインと同様にアルペジエイターやシーケンスをMIDIアウトしてくれます。(素晴らしい!)

Avengerの特性上複数の楽器のMIDIが出力されてしまう為、一部をOFFにする必要があります。

事前準備

Avengerを起動します。

左上の歯車アイコンをクリックして「MIDI」の「Output port」を「0」に指定します。
(ここでは「0」としていますが、受け側とそろえれば何でもOKです)

次にMIDIを受けるシンセを起動します。

ここでは安くて軽いSectorを起動します。
(余談ですが、セールで買うなら3千円以下が狙い目です)

左上の歯車アイコンをクリックして「MIDI」の「Input port」を「0」に指定します。

以上で事前準備が完了です。

この状態で既にMIDI出力してくれますので、何かAvenger側で弾いてみて下さい。

 

1.Arpのプリセットを選んでMIDI出力する方法

まずは気に入ったArpでMIDI出力する方法からです。

ここではプリセット「AR Make Me Horny」をロードしました。
レイヤーになっていないプリセットであれば何でもOKです。

Sector側で適当なBassのプリセットをロードします。

ここでは「Derty Wubz」を使いました。

このままだとAvengerとSector両方から音が出ますので、Avengerの音量を下げます。

あとは適当にプリセットを変えて好きなフレーズを探してみて下さい。

2.Arpのフレーズプリセットを選んでMIDI出力する方法

「1.」のやり方だとシンセやエフェクトも一緒に読み込む為、CPU負荷がかかります。

一番負荷を減らしてMIDI出力を活用するには一回プリセットを初期化してからArpのフレーズを選んでいきます。

まずは今読み込んでいるプリセットを初期化します。

警告が表示されますので、「Yes」をクリックします。

次に「Arp」を有効にし、他は全て無効にします。

「Arp」の下図の赤枠をクリックするとフレーズのプリセットが表示されますので、ここでは「Industry」を選んでみます。

ちょっと判りずらいので動画も用意しました。

これでCPU負荷は最低限でフレーズを活用出来ますね。

Avengerの使い方 ARPやSEQをMIDI出力する方法1

Avengerの使い方としてフレーズジェネレーターとしても十分使えますね。

ただこのままだとフレーズのパターン変更が面倒です。

次回以降は以下の内容を予定しています。

・MIDI出力してフレーズの変更
・SEQのMIDI出力
・ドラムフレーズのMIDI出力
スポンサーリンク
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="4">
DTM
yosiをフォローする
Chillout with Beats

コメント