LoopmastersのLoopcloudが5.1にアップデート

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LoopmastersのLoopcloudが5.1にアップデート

Chillout with Beats管理人 の yosi です。

Loopcloudが5.1にアップデートしました!

特筆すべきは検索ウィンドウのタブ可とグレインエフェクトかと思います。

まだ使った事が無いという方は是非チェックしてみて下さい。

基本機能と毎日5個のサンプルダウンロードは無料で出来ます。

あとLoopcloud DrumおよびLoopcloud PlayがVer1.1にアップデートしました。

使い方はこちらからどうぞ

ただしFLStudioで確認した限り起動するだけでFLStudioごと落ちます。
起動を試す場合は空のプロジェクトでやりましょう。
修正されました!!
 
Loopcloud 5.1 | Find Inspiration Faster

アップデート方法

Loopcloudに関しては起動時にアップデートが走り、ダイアログが表示され数クリックでアップデート完了です。(プラグインではないメリットですね)

LoopcloudのアップデートでPlayとDrumも一緒にアップデートされるようです。

ただ、アップデートしたらPlayとDrumが起動しなくなりました。(FLStudioごと落ちる)

試しにLoopcloudのインストーラーをダウンロードしてきてインストールしてみましたが、同じ結果でした。

PlayとDrumを使うのは少し待つしかなさそうです。

主な変更点

  • macOS Catalinaのサポート
    オペレーティングシステムを10.15に更新したMacユーザー向け
  • タブを使用して複数のサウンドを検索する
    ライブラリを表示し、製品を閲覧し、一度に複数の検索を開きます。プロジェクトで探しているすべてのサウンドを追跡します。
  • エクスポートの機能強化
    マルチトラック全体を1つの流体モーションの個々のステムとしてエクスポートしたり、ミックスをソロにせずに個々のトラックにエクスポートしたり、エディターからDawに単一のリージョンをドラッグすることもできます。創造性を発揮し、スライスし、リバースし、サウンドにエフェクトをかけ、必要な部分だけをプロジェクトにシームレスにドラッグします。
  • 複数ファイルのエクスポート
    Altキーを押しながら、元のエクスポートボタンまたは処理済みのエクスポートボタンからすべてのトラックに一度にドラッグします
  • 単一ファイルのエクスポート
    トラックアイコンからドラッグして、処理済みファイルを個別にエクスポートします
  • リージョンのエクスポート
    ループエディターからリージョンを直接ドラッグして、個々のスライスをDAWにエクスポートします。(Loopcloudマルチトラック全体を個々のステムとしてDAWにエクスポートし、Altキーを押しながらドラッグします。)
  • クリック可能なエディターの再生ヘッド
    ループエディターで再生ヘッドを使用できるようになり、長いサンプルを操作する際の同期オーディションが改善されました。ループエディター内で再生ヘッドを移動するときに、時間を維持し続けます。
  • グレインストレッチ効果
    Grain-stretchは、6つの既存のエフェクトに加えて、昔ながらのタイムストレッチのサウンドを提供します。
  • 検索速度の改善
    お探しのサウンドをさらにすばやく見つけ、ストア検索がさらに高速になりました。
  • ライブラリフィルタリング
    ユーザーライブラリフォルダービューに検索が含まれるようになりました。タグをクリックするか、新しいフィルターライブラリボックスにタグを入力すると、そのタグに一致するフォルダーとファイルのみが表示されます。

 

Loopcloud DrumおよびLoopcloud Play

インスピレーションを与えるLoopcloud DrumおよびLoopcloud Playプラグインは、創造的なビート作成と再生可能な仮想楽器をLoopcloud体験にもたらします。 Loopmastersの最大のアーティストのビートとサウンドを備えた無料のファクトリーライブラリを使用すると、購読者は毎月新しいリリースで拡大し続ける最高品質のコンテンツのライブラリにアクセスできます。

Loopcloud Drum 1.1の新機能

Introducing Loopcloud Drum 1.1

Audio and MIDI Exportを使用して、インスピレーションに満ちたビートを次のレベルに引き上げましょう。
オーディオミックスダウン、サブミックス、シングルワンショット、またはMIDIファイルをLoopcloud DrumからDAWに直接ドラッグアンドドロップします。

既存のキットに独自のサウンドを追加するか、オーディオインポートで独自のキラーキットを作成します
LoopcloudライブラリのサンプルをLoopcloud Drumのパッドにドラッグアンドドロップし、Loopcloud DrumのインスピレーションとLoopcloudライブラリのパワーと深さを組み合わせます。

新しいプリセットの組み合わせを調べる
キット、パターン、パラメーター、およびエフェクトを組み合わせて、新しい組み合わせとジャンルを変えるインスピレーションを考え出すのに役立ちます。

Loopcloud Play 1.1 の新機能

Introducing Loopcloud Play 1.1

すべてのエリアにアクセス
サンプルのタイムストレッチ、ローファイ、チルトEQ、エンベロープとLFOを備えた12種類のフィルターなど、Loopcloud Playのシンセエンジンのパワーを解き放ちます。さらに、リバーブ、ディレイ、ディストーション、コーラスを備えた3つの割り当て可能なFXスロット。

サウンドを完全にカスタマイズ
編集ページでは、サウンドを詳細に設計したり、パフォーマンスコントロールをカスタマイズしたりできます。

新しいプリセットの組み合わせを調べる
サンプル、パラメーター、およびエフェクトをミックスして一致させ、トラック用の豊富で多様なサウンドのセットを作成するのに役立ちます

コメント