FLStudioのPerformance ModeをMaschineから操作する1

DTM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

Chillout with Beats の yosi です。

FLStudioのPerformance ModeをMaschineから操作したいと思います。

大分昔に実装されましたが、あまり認知されていないようです。

基本的にアップデートもされていないので、ImageLine的にもレガシー扱いなのかな。

言葉で説明しても判り辛いので、オフィシャルのデモを貼っておきます。

実装されたのはFL11の頃ですね笑

Maschineの設定

まずMaschine側で設定が必要です。

Controller Editorを開きます。

インストールしていない場合はNativeAccessからインストールしましょう。

次にFLStudioのテンプレートを読み込みます。
「Factory Templates」から「FL Studio」を選択します。

これで準備が出来ました。

FLStudioでMaschineのPerformanceテンプレートを開く

FLStudioを起動します。

メニューから「New from template」->「Performance」->「MASCHINE」を開きます。

テンプレートが読み込まれると以下のような画面になります。

これで4つのパッドに音が割り当てられており、Maschineの「Play」ボタンで再生されます。

パッドをたたくとそのパターンが再生されます。

 

まとめ

如何でしょうか。最近FLStudioを使い始めたひとなんかは知らない機能かもしれません。

ちょっと遊ぶには楽しいです。

各ボタンにも機能が割り振られているようなので、気が向いたらもう少し掘り下げてみます。

 

コメント