無料のReaktor BLOCKS BASEでオートフィルターを作る

NtiveInstsuments
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料のReaktor BLOCKS BASEでオートフィルターを作る

Chillout with Beats の yosi です。

この記事は無料のReaktor BLOCKS BASEで出来ます。
ただし事前に無料のBlock追加が必要です。追加方法は以下の記事を参考にして下さい。

オートフィルターは音の入力加減でフィルターの掛かり具合が変わるエフェクトです。

自分で好みの感じに作ってみましょう。

オートフィルターの構成を考える

オートフィルターはとてもシンプルです。

要はエンベロープをフィルターのカットオフに割り当てるという事です。

モジュラーを触ると仕組みが簡単に理解出来るようになると思います。

バーチャルモジュラーに関してはかなり記事を書いていますので、気になる方は参考にしてみて下さい。

まずエフェクトとしてReaktorをDAWに読み込みます。

普通のエンベロープはGate信号が必要ですので、ここではTOYBOXさんのFree PackからEnvelope Followerを使います。

以下の2つのモジュールを読み込んで下さい。

使用するモジュール
・Envelope Follower(Free Pack)
・Filter(Stereo)(Free Pack)
 
 
フィルターは標準のフィルターでも良いのですが、ステレオ対応させるのが面倒なので、TOYBOXさんのFree PackのFilterを使います。
 

オートフィルタの結線と設定

結線

これだけです。

一応動画も用意しました。

設定

次に設定ですが、オーディオ入力に対して「Envelope Follower」がエンベロープを出力します。

そのエンベロープでFilterの「Cutoff」をモジュレートします。

「A」をクリックし、「CUTOFF」の隣にあるバーを上にドラッグします。

「CUTOFF」の値は一番下に下げておきます。

ここからはオーディオによって設定値が変わってきます。

以下の動画ではパッドに対して頭の部分だけフィルターが掛かるようにしています。

Loopcouldで仕入れたドラムとベースを足すとこんな感じになりました。

無料のReaktor BLOCKS BASEでオートフィルターを作るまとめ

かなり簡単にオートフィルターが作れました。

実を言うとこれは次の記事の布石です。

やっぱりフィルターは好みのフィルターを使いたいと思いますので、次回の記事では「Envelope Follower」をMIDI CCで出して他のプラグインをモジュレートします。

 

コメント