無料のReaktor BLOCKS BASEでVSTプラグインをモジュレートする

NtiveInstsuments
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料のReaktor BLOCKS BASEでVSTプラグインをモジュレートする

Chillout with Beats の yosi です。

前回はReaktor内部のフィルターでオートフィルターにしました。

今回はVSTのフィルターをReaktorからMIDI CCを出してモジュレートしてみます。

VSTはWavesのMetaFilterを使います。

こんな感じになります。

前回の記事はこちら

 

Reaktor BLOCKS BASEからMIDI CCを出力する方法

まずMIDI CCを出す方法ですが、簡単です。

MIDI OUTから出せますので、前回使った「Envelope Follower」をMIDI CCから出してやるだけです。

毎度おなじみですが、MIDI Portを合わせます。

VSTでMIDI CCを受信する方法

MetaFilterの詳しい使い方は以下の記事を参考にして下さい。

こちらもMIDI Portを合わせます。

これでMIDI CCを受け取れる状態になりました。

MIDI Learnを使って割り当てます。

割り当てたいノブの上で右クリックして「Learn」をクリックします。

この状態で再生してみて下さい。

ノブが動けばOKです。

無料のReaktor BLOCKS BASEでVSTプラグインをモジュレートするまとめ

今回はFilterのCutoffだけですが、他にも何でも出来ます。

例えば、他のトリガーを用意して、そのタイミングでフィルターが掛かるようにする事も出来ますし、エンベロープフォロワーでディレイのDRYとWETを変えることだって出来ます。

アイディア次第で既存のプラグインでは出来ない事が出来ると思います。

コメント