【無料】VitalAudioのVitalの使い方6(サンプラーとしての使い方)

プラグイン
スポンサーリンク

【無料】VitalAudioのVitalの使い方6(サンプラーとしての使い方)

久しぶりにVaital記事です。
(時間が全然取れないので軽めが続きます)

サンプラーと言ってもワンショットサンプラーです。

有料のサンプラーを持っていないという方は是非見て頂きたいです。

ダウンロードの仕方などは以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

Vitalをワンショットサンプラーとしての使い方

VitalはWaveTableオシレーターが3基とSamplerが1基搭載されています。

通常はノイズオシレーターの様な使い方が多いかと思いますが、手持ちのワンショットサンプルを自分で選択する事も出来ます。

ワンショットでおすすめはCymaticsさんの無料サンプルFANTASY – SYNTH SAMPLE PACKです。

たしかビンテージシンセのサンプル集だったと思います。

今回はFANTASY – SYNTH SAMPLE PACKを使って解説していきます。

Vitalを開きSMPをクリックして有効し、下図右赤枠部分をクリックします。

次に「Add Folder」をクリックします。

ダイアログが開くのでFANTASY – SYNTH SAMPLE PACKの「OneShots」フォルダを選択します。

これでVitalに上記フォルダが追加されます。

あとは適当なサンプルを選びます。

 

音階で鳴る様にする

そのままだとどの鍵盤を弾いても同じ音しか出ません。

Samplerの鍵盤アイコンを有効にすると音階で鳴るようになります。

このサンプルは殆ど問題無いですが、必ずしもCを鳴らした時にCが鳴るとは限りませんので、チューナープラグインで確認しましょう。

「PITCH」の右側で細かい修正が出来、左は半音単位の修正です。

動画も用意しました。

 

【無料】VitalAudioのVitalの使い方6(サンプラーとしての使い方)まとめ

最近Serumばかり触っていたので少しVitalの情報も追いかけようかなと。

細かい所は流石いSerumに軍配が上がりますが、Vitalは無料ですから、比べられなですね。

コメント