無料で使えるVCV Rackの使い方⑦Modal Synthesizer

DTM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

Chillout with Beats の yosi です。

VCV Rackの記事第七回目です。

前回の記事はこちら

無料で使えるVCV Rackの使い方⑥Macro-oscillator
無料で使えるVCV Rackの使い方⑥Macro-oscillator Chillout with Beats の yosi です。 VCV Rackの記事第六回目です。 おすすめのモジュールを紹介します。 おすすめのモジュール 無料でも結構な量のモ...

前回に引き続きおすすめモジュールを紹介します。

今回はAudible InstrumentsModal Synthesizerのみでいきます。

今回はデモ音源を用意しました。

かなり単純な作りなのにずっと聴いていられる音です。

とりあえず使った事ない方はこの動画を見てみて下さい。

かなり有機的な音がします。

プラグインで言うとChromaphone 2に近いと思います。

Modal Synthesizer(Elements)

実物はこんな感じです。お値段 64,000 円程です。これと電源、箱買うと10万超えちゃいます・・・

音はもちろん同じではないですが、ソフトウェアで楽しめると言うのは本当にありがたいです。
(ソフトで使い方思えれば、実物買っても使い方判らないってことにならないですし)

実際に実物のはAudible InstrumentsとVCV RackのAudible Instrumentsを比べている動画がありました。かなり近い音がしています。無料でこれだけ近い音するのであれば十分ではないでしょうか。

スポンサーリンク

Modal Synthesizerの概要

Modal Synthesizerは物理モデリングシンセサイズに近いシンセ方式です。

Modal Synthesizerは、共鳴構造(プレート、ストリング、チューブなど)とそれが構成されている素材の特性(剛性、吸収など)、そして構造がどのようにして音を生成するかを指定してサウンドを設計出来ます。

各パラメータ

オフィシャルの画像を使わせて頂きます。

まず基本概念としてResonatorはフィルターを指します。Exciterはシグナルジェネレータを指します。

ExciterはBOW 、BLOW、STRIKE(上図B)があります。

ResonatorはTimbre(上図F)です。

  • BOWジェネレータは、素材を傷つけている弓の音を合成します。弓の圧力に応じて、これは弓と材料の間の相互作用から生じる純粋な音と生の、かき傷のある、粒状のノイズを結合します。
  • BLOWジェネレータは、吹く、呼吸する、風を想起させるような、連続的でノイズのようなサウンドを合成します。
  • STRIKEジェネレータは、振動子を叩いて叩くための衝撃的なバーストとパーカッシブなノイズを生成します。

次にフロントパネルは三つのセクションに分かれています。

  1. 最も重要な入力/出力を備えたコントロール/パフォーマンスセクション。
  2. 信号が合成されるエキサイターセクション。
  3. ボンネットの下で、モードの周波数、振幅、Q値を制御する共振部。

Control and exciter sections

A. 単純なエンベロープが、BOWおよびBLOWエキサイターによって生成されたサウンドに適用されます。このノブは、このエンベロープのプリセット形状間を補間します。短いADエンベロープは長くなったり遅くなったり、遅いADSRエンベロープにモーフィングしたり、速いARエンベロープにフェードインしたりします。

B. BOWノブはレゾネーターに送られるスクラッチ/ボーイングノイズの振幅をコントロールします。これは単なるゲインではありません。このコントロールは弓の圧力の増加をシミュレートし、より明るくノイズの多いサウンドを生み出します。 BLOWノブは、レゾネーターに送信されるグラニュラーブローノイズの量をコントロールします。最後に、STRIKEノブはレゾネーターに送られるパーカッシブノイズの量をコントロールします。このノブを高い値(2時過ぎ)に設定すると、パーカッシブな信号がレゾネータに送られますが、メイン出力信号に「ブリーディング」されて、より辛いパーカッシブなサウンドが得られます。

C. PLAYボタンこのボタンを押し続けると、エキサイターとそのエンベロープがトリガーされます。これはGATE入力に正のゲートを送るのと同じです。

D. Air FLOW of the BLOW generator. This parameter can be described as a kind of wavetable scanning through various colors of noise. Automatically controlling this parameter with a CV (for example, from a LFO), will create a changing texture reminiscent of a turbulent air flow.

E. BLOWジェネレータのエアフロー。このパラメータは、さまざまな色のノイズを通した一種のウェーブテーブルスキャンとして記述できます。このパラメータをCVで(たとえばLFOから)自動的に制御すると、乱流を彷彿とさせる変化するテクスチャが作成されます。

  • ハンマー、木槌、棒の実際のサンプル。
  • 木槌の物理モデル。減衰のあるなしに関わらず演奏。
  • さまざまなピッキング速度で遊んだ、エレクトリックの物理モデル。
  • 表面で跳ね返る粒子の物理モデル

F. BOWジェネレータのTIMBREノブは、弓材料の滑らかさまたは粒度を制御します。 BLOWジェネレータのTIMBREノブは、ノイズジェネレータのピッチ/粒状度をコントロールします。最後に、STRIKEジェネレーターのTIMBREノブでパーカッシブな音の明るさ/スピードをコントロールします。

G. CV入力用のアッテネーター。

サウンドの主周波数は、V / OCTおよびFM CV入力と組み合わせたCOARSE / FINEノブによって制御されます。

スポンサーリンク

Resonator section

A. COARSE周波数。半音単位で調整します。このコントロールは5オクターブにわたります。量子化されていない、-2から+2半音の範囲にわたるFINE周波数。

B. FM input. アッテネータこのノブはFM CV入力ジャックからの周波数に適用されるモジュレーションの量と極性をコントロールします。それは指数関数的なスケールを持ち、中心位置から遠ざかるにつれて非常に漸進的に減衰します。

C. GEOMETRY. この重要なパラメータは、共振構造の形状と剛性を制御します。それはプレートから弦へ、バー/チューブへ、ベル/ボウルへと行きます。

D. BRIGHTNESS. このパラメータは、高周波数モードのミュートを制御します。低い値は木やナイロンのような材料をシミュレートします。高い値はガラスやスチールのような材料をシミュレートします。

E. DAMPING controls エネルギーが材料を通ってどれだけ早く散逸するか。このパラメータをCVでモジュレートすると、振動面を手で塞いで音を減衰または消音する効果を再現できます。

F. POSITION 文字列/サーフェスのどのポイントに励起を適用するかを制御します。サーフェスの真ん中に励起を適用すると、対称性により偶数次高調波が互いに打ち消しあい、方形波を思わせる「ホロー」なサウンドになります。この設定は、方形オシレータのPWMコントロール、またはフェイザーのコムフィルター効果を思い出させるでしょう。

G. SPACE ステレオの幅とサウンドに適用されるアルゴリズムの残響の量をコントロールします。このノブを最小位置に設定すると、1つの出力チャンネルにはエキサイター出力が含まれ、もう1つのチャンネルにはレゾネーター出力が含まれるようになります。 SPACEが大きくなると、振動する表面の音を2つの異なる位置で拾うことでステレオ効果が生まれます。 SPACEを大きくすると、2つのマイク間の角度が広がります。 12時前のSPACEは、共鳴信号に適用されるアルゴリズムリバーブの量と減衰時間をコントロールします。 SPACEパラメーターが最大の位置にあるときに非常に高いCVを適用すると、「フリーズ」効果が発生し、リバーブのテールが減衰するのを防ぎます。これは、ノートのレイヤーを重ね書きして和音を作成するためにクリエイティブに使用できます。

H. Attenuverters for the CV inputs.

1. Resonator CV inputs.

まとめ

前回に続きシンプルな見掛けからは想像出来ない位奥深いです。

Chromaphone 2に似た音が出ますが、自由度が半端ないです。(モノですが)

ある程度理解してからパラメータを変えると音の幅が広くなります。

やはりマニュアルはしっかり読むべきですね。解った気になるのは危険です。

コメント